2017年11月04日

「夜を乗り越える」又吉直樹

CIMG3149.JPG

お笑い芸人で芥川賞受賞ということで大きな話題になった又吉直樹氏。
以前に「第2図書係補佐」という著作を読んで、これほどの読書家ならご自身で小説も書けるのではとこのブログで感想を書いたことがあります。
その時点ですでに小説を書いておられたのかどうかは知りませんが、すぐそのあと「火花」を発表され、芥川賞候補になったと話題になり、受賞され、大騒ぎに。
さすがに芥川賞とまでは思いませんでしたが、やはり文才はおありだったようで。
さて、本書はそんな著者がご自身の経歴を語りつつ、本について、文学について書かれた一冊です。
太宰を始めとして近代文学で小説の面白さにのめり込まれたようですね。
けっこう正統派の文学少年かと。(笑)
作家や作品への思いなどいろいろとエピソードも交えながら書いておられるのですが、どうも例え話が多くてまとまりがないといいますか。
もうちょっとストレートに書いてほしかったですね。
また著者とは考えが違うところも多々あり、納得の読後感とはなりませんでした。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください