2017年11月10日

「東大オタク学講座」岡田斗司夫

CIMG3146.JPG

96年から97年にかけて著者が東大で行った『オタク文化論』についての講義をまとめた本です。
東大とオタクというのは似つかわしくないような気もしますが、私はなんとなくイコールな気もするんですけどね。
さて、オタクというと最初はマンガやアニメのマニアに対して使用されていた言葉です。
なのでちょっとマイナーといいますか、世間から外れた特殊な人たちというイメージがありました。
今もそれはありますけど、当時に比べたらずっとメジャーになりましたね。
ジャンルもマンガやアニメに限定されることなく使われるようになり、その道のエキスパート的なニュアンスさえあったりします。
ですがこの本のいうオタクとはまさしくマンガやアニメな人たちのことです。
あとはゲームですね。
そしてオカルト。
前半の「光のオタク編」ではそれらの世界をしっかりと分析、解説しておられます。
後半は「闇のオタク編」。
こちらではゲストを招いての対談です。
「現代アートの超理論」では村上隆氏、「敗れざるゴーマニズム宣言」で小林よしのり氏、「愛と誠の変態講座」で唐沢俊一氏など。
最後には講義を受けた学生たちのレポートを著者がチェック。
オタク文化についてたっぷりの読み応えがある一冊です。
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください