2017年11月24日

「ナポリタン」上野玲

CIMG3162.JPG

私が子供の頃はスパゲティといえばナポリタンでした。
太めの柔らかく茹でた麺、ケチャップまみれの真っ赤な見た目、甘酸っぱいベタな味。
具は薄切りのハムもしくはソーセージ、玉ねぎあたりが定番、あとは店によりピーマン、グリーンピースといったところですかね。
マッシュルームなんかはワンランク上の具材で、ほとんど見かけませんでした。
これこそがスパゲティだと思っていたので、麺にソースを絡めず上にかけたミートソースなんかを知ったときはとてもオシャレに思えました。
ある年齢以上の人には懐かしい料理のナポリタンですが、この本ではそんなナポリタンについて徹底検証しています。
ナポリタンはいつどこで誕生したのか、名前の由来は、日本各地でどのような違いがあるのか。
スパケディの本場イタリアにナポリタンはないというのは有名な話ですが、しかしストックホルムにあると聞いた著者はスウェーデンに飛びます。
中国は上海で正統なナポリタンを食べてみたり。
そしてナポリタンといえば欠かせないのがケチャップ。
ケチャップの歴史にも触れ、ニューヨークにあるハインツの工場を取材。
国内ではカゴメ愛知県小坂井工場。
コンビニのナポリタンもどのように作られているのかとミニストップの埼玉県八潮工場へ。
巻末にはコンビニナポリタンの食べ比べ、全国のナポリタン名店の紹介と至れり尽くせり。
堪能できます。
しかしナポリタンというのは店の主役にはなれませんね。
たいがい洋食屋や喫茶店の1メニューです。
私の周りにも今まで何軒かナポリタン専門店ができましたが、ほとんど長続きせず閉店しています。
ナポリタンに思い入れのある世代といってもさすがにそう頻繁に食べるわけでもないですし、若い世代にはさほど思い入れはないでしょうし。
でもそれでいいと思います。
わざわざ専門店を作って出すようなものではなく、あくまで洋食屋や喫茶店で他のメニューに交じって載っているのを発見し、「お、久しぶりに食べてみるか」というのがちょうどいいポジションかと。
でもそれさえ減ってきているようですが。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『う』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください