2017年12月10日

「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」杉坂圭介

CIMG3155.JPG

大阪にある飛田新地。
いわゆる遊郭ですね。
実際に界隈を歩いてみますと、「今の時代にこんな街があるのか」と。
夜は妖しげにライトアップされ、なんとも妖艶で風情のある雰囲気を醸しています。
この本の著者は、そんな飛田で10年間店を経営してきました。
そんな“中の立場”の人が内情について書いた本というのは珍しいと思います。
当時31歳だった著者は勤めていた会社をリストラされ、深夜のファミレスでアルバイトをしていました。
そんなとき学生時代の先輩に声を掛けられ、飛田で親方をやると儲かるぞと誘われたのです。
素人がいきなりそんな簡単に飛田で親方なんてできるものなのか。
そんなに簡単に儲かるものなのか。
迷った挙句、著者は店を始めることにします・・・・。
店を始めるにはどんな手続きが必要なのか。
どのようにして女の子を集めるのか。
女の子の取り分や親方の儲けは。
などなど、なかなか知ることのできない話を興味深く読むことができました。
そして当然のことながら経営の四苦八苦ですね。
現在は店の名義を知人に譲り、自身はスカウトマンをしておられるとのこと。
その理由はやはり「くたびれたから」だそうです。
ただでさえ女性を使うのは大変です。
しかも仕事の内容が内容だけに。
続編の「飛田の子」ではそんな女の子たちにスポットを当てておられるようです。
すでに購入済みですので、また楽しみに読ませていただきましょう。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください