2017年12月30日

12月の一冊

今月は以下の15冊でした。

・「安井かずみがいた時代」島崎今日子
・「抱擁」日野啓三
・「無敵のラーメン論」大崎裕史
・「味 天皇の料理番が語る昭和」秋山徳蔵
・「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」杉坂圭介
・「マンガ家のひみつ とり・みき&人気作家9人の本音トーク」とり・みき
・「手のひらの音符」藤岡陽子
・「「食の職」新宿ベルク 安くて本格的な味の秘密」迫川尚子
・「窓際OL トホホな朝ウフフの夜」斎藤由香
・「剣客商売 浮沈」池波正太郎
・「昼のセント酒」久住昌之 画・和泉晴紀
・「東海道 居酒屋五十三次」太田和彦
・「オンエア(上・下)」柳美里
・「藤田嗣治 手しごとの家」林洋子

「安井かずみがいた時代」、ひとつの時代を築いた作詞家のドキュメンタリー。
まさに時代を駆け抜けたという印象です。
「抱擁」、幻想的耽美的な雰囲気のある作品です。
こういう世界は個人的に好きですね。
「無敵のラーメン論」、全国を食べ歩いた著者のラーメン論。
客観的に分析、解説しておられます。
「味 天皇の料理番が語る昭和」、伝説の料理人ですね。
その生涯は小説化、ドラマ化もされています。
「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」、なかなか外からは窺い知ることのできない遊郭の世界。
興味深く読めました。
「マンガ家のひみつ とり・みき&人気作家9人の本音トーク」、マンガ家の著者によるマンガ家との対談集。
最近ほとんどマンガを読むことがなくなりましたが、こういう本には興味があります。
「手のひらの音符」、じんわりと心にしみる小説です。
なんとか殺人事件などとは対極にある内容ですね。
「「食の職」新宿ベルク 安くて本格的な味の秘密」、15坪という小さいながらも、いや、だからこそこだわりを持って経営しておられる飲食店です。
こういう店にはぜひとも頑張っていただきたいですね。
「窓際OL トホホな朝ウフフの夜」、せっせと精力剤をPRする著者の奮闘記。
いや、奮闘してるんだか会社をかき回してるんだか。(笑)
「剣客商売 浮沈」、いよいよシリーズを読み終えてしまいました。
まだ番外編が残っていますが、ちょっと寂しいですね。
「昼のセント酒」、著者は「孤独のグルメ」の原作者。
昼から銭湯に入って湯上りに酒という極楽エッセイです。
「東海道 居酒屋五十三次」、タイトル通り五十三次のはしご酒です。
飲み歩き珍道中。
「オンエア(上・下)」、女子アナたちを主人公とした業界小説。
さすがに柳美里だけあって生々しいといいますかエグイといいますか。
「藤田嗣治 手しごとの家」、日本を代表する芸術家のプライベートや仕事を公開。
実に個性的な人だったんですね。

「安井かずみがいた時代」や「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」、「藤田嗣治 手しごとの家」がノンフィクションでは面白かったです。
小説では「手のひらの音符」、「オンエア(上・下)」ですね。
「オンエア(上・下)」はエンターテイメントとしては面白くインパクトがありましたが、ちょっと俗でしたか。
「手のひらの音符」は地味ですが味わいがありました。
ですが今月はノンフィクションから選びたいと思います。
「安井かずみがいた時代」が印象に残りました。
自由に生き、そして時代の先端を走っていた安井かずみという女性の存在感。
今月はこれを選びたいと思います。

CIMG3159.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください