2018年01月27日

「Love me more!」麻生ミカリ

CIMG3192.JPG

商社の秘書課に勤める川嶋美晴はこの春大学を卒業したばかり。
上司でありビジネス推進事業部の部長である会社の御曹司、長嶺純希とお見合い結婚して3ヶ月です。
2人が結婚していることは会社の人たちには秘密。
ある日秘書課に林原秋乃という美晴より3歳年上の女性が異動してきます。
海外事業部にいた本社のエリートです。
見た目も美しく仕事もできる秋乃と、美晴はすぐに仲良くなります。
ですが秋乃はどうやら純希のことが好きなようで、美晴は気が気ではありません。
また美晴にも神野来都という社内随一の女好きが接近してきて・・・・。
美晴と純希の視点で交互に語られていきます。
ま、この作品もエタニティお決まりのパターンを踏襲しています。
お互い愛し合っているにもかかわらず、相手は自分のことを愛していないのではないか。
相手が好きなのは実はあの人ではないのか。
そんなことを思いながら悶々と悩むわけですね。
結婚しているといえどもそれぞれにライバルらしき相手が登場することによって、毎日がラブラブなだけの平和な新婚生活ではないというわけです。(笑)
また会社の帳簿に不正があるということでちょっとミステリーっぽい風味も効かせてあるあたり、作者の工夫でしょうか。
巻末にはおまけ(?)で子供が生まれてからの話もあります。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください