2018年02月18日

「姫百合たちの放課後」森奈津子

CIMG3205.JPG

タイトルからもわかりますように“百合”たちを描いたコメディ短編集です。
まあなんとも馬鹿馬鹿しい内容ではあります。
しかしそれは作者の狙い通り。
例えば「花と指」はいかに美しく独創的なオナニーをするかという競技で『自慰道』と名付けられ、柔道のようにいまやオリンピックの正式種目となっています。
馬鹿馬鹿しさはいいのですが、出てくる曲が山口百恵の『ひと夏の経験』とか『横須賀ストーリー』とか、なんでこうも古臭いのか。(笑)
私が面白く思ったのは「お面の告白」ですかね。
主人公は芸能人のゴーストライター。
編集者が美人女優にインタビューしたテープからエッセイを仕上げるのですが、テープにはなにも入っていませんでした。
いい加減な編集者は「適当にでっちあげておいて」なんて言います。
それならばと主人公は女優の17歳の女子高時代を書くことにします。
内容はもちろんレズビアン。
お姉さまと下級生の秘めやかな愛。
悪ノリが過ぎてほとんどポルノ小説です。
書かれた女優はたまったものではないですね・・・・。(笑)
全部で9編。
まあどれもプロ作家としてはどうなんだろうと思うレベルですが、面白ければ勝ちです。
「花と指」は団鬼六の「花と蝶」、「お面の告白」は三島由紀夫の「仮面の告白」、「2001年宇宙の足袋」はアーサー・C・クラークの「2001年宇宙の旅」
それぞれタイトルをパロディにしたお遊びもあります。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『も』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください