2018年02月28日

2月の一冊

今月は13冊の読書でした。

・「遮光」中村文則
・「藤子・F・不二雄のまんが技法」藤子・F・不二雄
・「人肌ショコラリキュール」蛭田亜紗子
・「日本全国 ソウルフードを食べにいく」飯窪敏彦
・「贋世捨人」車谷長吉
・「オール・アバウト・セックス」鹿島茂
・「ぽろぽろドール」豊島ミホ
・「熊の敷石」堀江敏幸
・「姫百合たちの放課後」森奈津子
・「まちがい食品学」河野友美
・「サブカル・スーパースター鬱伝」吉田豪
・「本にだって雄と雌があります」小田雅久仁
・「素人包丁記・海賊の宴会」嵐山光三郎

「遮光」、亡くなった恋人の体の一部を持ち歩く男。
愛情と狂気は紙一重なんでしょうか。
「藤子・F・不二雄のまんが技法」、ドラえもんをテキストに使いマンガの書き方をやさしく説明。
ハード面よりもソフト面の入門書ですかね。
「人肌ショコラリキュール」、エッチでライトな短編集。
そのぶん読み応えには欠けますか。
「日本全国 ソウルフードを食べにいく」、地方で親しまれている郷土グルメ。
所変われば食べ物も変わります。
「贋世捨人」、タイトルはまさに作者を言い表しているのかなと。
私小説作家といってもやはりフィクションなんですよね。
「オール・アバウト・セックス」、エロについて書かれた本の書評。
といってもコテコテなエロ本ではありませんが。
「ぽろぽろドール」、人形にまつわる話の短編集。
人は人形にいろんな思いを込めるのですね。
「熊の敷石」、紀行文のような小説です。
そのぶんちょっとさらりとし過ぎな感もありました。
「姫百合たちの放課後」、バカバカしいレズビアンコメディの短編集。
こういうのは堅苦しくなく楽しめますね。
「まちがい食品学」、時代により食品もまた変わっていきます。
もちろんそれについての常識も。
「サブカル・スーパースター鬱伝」、サブカルな人たちは40を過ぎると鬱になる?
体験者たちへのインタビュー集。
「本にだって雄と雌があります」、主人公の家系を巡る壮大な法螺話。
リアルをほどよく取り入れてうまく乳化させたフィクションです。
「素人包丁記・海賊の宴会」、この著者のグルメ本はゲテに近いB級グルメなんですよね。
まあ楽しいですけど。(笑)

今月はこれといって響く本はありませんでした。
そんな中から選ぶとすれば、「本にだって雄と雌があります」ですかね。
ここまで細部を固めて話を掘り下げて作られたことに感心。
今月はこれで。

CIMG3208.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください