2018年03月12日

「知識的大衆諸君、これもマンガだ」関川夏央

CIMG3215.JPG

この本はマンガを憎む人に向けて書かれたとのこと。
電車の中でマンガを読みふける人は珍しくありませんが、それを嘆く人もまた多い。
いまやマンガは日本が誇る文化です。
それを嘆いてもしょうがないではないかと。
このような文化もあるのだということを認識してもらえたらとの趣旨だそうです。
たしかにマンガというと映画や文学に比べると下に位置するというイメージを持つ人は多い。
しかしマンガは決してそれらに劣るものではなく、むしろ最近ではマンガで育ち影響を受けた人たちが映画や文学で活躍していたりします。
海外で高く評価されている作品やマンガ家もいます。
この本では著者が評価するマンガ、時代を敏感に切り取ったマンガなどを紹介しておられます。
32作品。
「マンガ日本経済入門」石ノ森章太郎、「テレクラの秘密」成田アキラ、「美味しんぼ」雁屋哲・花咲アキラ、「ゴルゴ13」さいとう・たかお、「課長・島耕作」弘兼憲史、「沈黙の艦隊」かわぐちかいじ、など。
1988年から1990年にかけて書かれたものなので、時代を感じさせますね。
著者は決してすべてのマンガをいいとはおっしゃっておられません。
どうしようもないマンガについてはバッサリと切り捨てておられます。
そこなんですよね。
映画や文学に比べると裾野が広いだけにどうしようもない作品もまた多い。
もしかしたらそれがマンガが下に見られる一因かもしれません。
この本が書かれた時代は少年ジャンプの黄金期といえる時期です。
マンガに怒涛の勢いがあった時代ですね。
なので著者もメディアとしてのマンガをやや過大評価していた感がないでもない。
ただ一部のマンガ家や作品にはやはり注目に値するものがあります。
さて、今後のマンガはどのようになっていくのでしょうか。
ラベル:漫画本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『せ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください