2018年03月18日

「春夏秋冬 料理王国」北大路魯山人

CIMG3234.JPG

魯山人といえば美食家であり陶芸家であり書道家であり漆芸家であり画家であり・・・・。
芸術家としていろんな肩書きがあります。
中でもよく知られているのがやはり美食家と陶芸家の肩書きでしょう。
食べるだけでなく自分で料理もし、「星岡茶寮」という高級料亭を主宰し、自ら包丁をふるっていました。
陶芸も料理を盛るための見るべき器がまったくないということで、魯山人自ら器作りに乗り出したのがきっかけです。
まず第一に料理があったわけですね。
そんな魯山人の意外なことにこれが最初で唯一の料理に関する本だとのこと。
傲岸不遜、傍若無人といわれた魯山人ですが、なるほどこの本を読みましても言いたい放題。
当時の料理人をとことん貶すわ、フランス料理を切って捨てるわ。(笑)
パリの「トゥール・ダルジャン」で山葵醤油で鴨を食べたなんてのは有名な話。
「食道楽」の著書で知られる村井弦斎なども味覚が幼稚だとバッサリ。
それほど自分の価値観をしっかりと持ち、また言うだけのことを示してきたということでしょう。
しかし魯山人の美食話について思うのが、料理の話に比べて酒の話がほとんどないんですよね。
これは片手落ちと言わねばなりますまい。
この本でもあるにはあります。
でもビールについて大ビンより小ビンだとか、デンマークのビールがどこの国のビールよりもうまいとか書かれているだけです。
実際ビール好きで毎日飲んでいたようですが、美食家を自認しておきながらビール党って・・・・。
和食を絶賛しているのだからやはり日本酒についてももっと意見が欲しかったですね。
フランス料理についてもワインにはほとんど触れられておらず、先述の「トゥール・ダルジャン」でも安物の葡萄酒でまずかったと。
こんな安い葡萄酒は好かぬということで「上等のブランデーはないか」と尋ね、地下のワインセラーに案内され美味しいブランデーをプレゼントされたそうです。
それならソムリエにそれなりのワインを持って来させればいい話で、ワインの代わりにブランデーなんてまったくお門違いです。
同じ葡萄から作る酒とはいえ、ワインは食中酒ですがブランデーは食後酒なんですから。
ま、しかし、魯山人という人はほんと刺激的で面白い人物ではあります。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『き』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください