2018年04月07日

「君の膵臓をたべたい」住野よる

CIMG3244.JPG

病院のロビーの隅のソファに置き去りにされていた1冊の本。
僕が手に取ってみると、『共病文庫』と表紙に書かれたその本は手書きの闘病日記でした。
持ち主はクラスメートの山内桜良。
その日記には彼女は膵臓の病気に冒されており、あと数年で死んでしまうと書かれていました。
それをきっかけに僕と桜良の友達のような恋人のような付き合いが始まります・・・・。
タイトルはちょっとおどろおどろしいですよね。
ホラーやミステリーならともかく、青春小説のタイトルとしてはあまりふさわしくない。
ですが、最後まで読むとこの言葉に込められた思いがひしひしと伝わります。
二人の関係がいいですね。
友達以上恋人未満、でもしっかりと心では繋がっているような。
桜良の無邪気に振る舞う健気さがいいし、無理に距離を詰めようとしない(できない)僕とのバランスがいい。
なので変にベタついた恋愛話にはなっていません。
なるほど最後までこの距離感を保つ恋愛小説もありなのかと。
悲しいけれど爽やかな感動のあるいい作品でした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください