2018年04月23日

「火花」又吉直樹

CIMG3254.JPG

徳永はお笑い芸人です。
売れてません。
先輩芸人の神谷と出会い、弟子入りします。
神谷も売れているわけではないのですが。
芸人として、人間として、2人はどのように生きていくのか・・・・。
お笑い芸人の作者が芥川賞を受賞したということで大きな話題になった作品です。
なるほど芸人の立場から書かれたということで、これは専業作家には書けない内容かもしれませんね。
ですが小説としてどうなんでしょう。
なんで徳永が神谷に弟子入りしたのかいまいちよくわかりません。
その徳永に生活感がまるでありませんし、お笑いをとことん追求しているという思い詰めた熱心さも感じられない。
理屈ばっかりこねてなにやってんだかなぁという印象。
かなり作者の観念的な思いが書き綴られ、私的にはついていけませんでした。
「言おうとしていることはわからなくもないが、もうちょっとリラックスしたら? あんまり思い詰めたら知恵熱出るよ」というのが率直な印象ですね。
単行本が250万部ほど売れたようですが、はて、これを読んだどれくらいの人が納得満足したでしょうか。
芥川賞作品がこれほど売れるのはちょっと異常ですし、普段小説を読まない人が殺到したのは明らか。
そんな人たちがどう読んだのか。
私はこの作者の作家としての評価は、今後芸人の世界とはまったく離れた世界の話をどれほど書けるかだと思います。
これはこれとして、今後どんな作品を書かれるのでしょう。
問題はそこですね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください