2018年04月25日

「羽生善治 闘う頭脳」羽生善治

CIMG3257.JPG

羽生善治。
将棋棋士です。
先日永世七冠を達成し、大きな話題になりましたね。
国民栄誉賞まで受賞しておられます。
プロ棋士になって30年以上。
89年に竜王のタイトルを獲得して以降、いまだに7大タイトルのうち何らかのタイトルを保持し続けています。
これってとんでもないことです。
タイトルに全く手が届かず引退していく棋士がほとんどの中、30年ものあいだつねにタイトルを保持しているのです。
そして永世七冠達成。
天才以外の何物でもないですね。
そんな羽生の頭脳とはいったいどうなっているのか。
この本ではいろんな人との対談やインタビューで、思考力、勝負力、発想力、人間力、持続力について語っておられます。
これはなにも将棋に限らず、ビジネスや人生にも通じる蘊蓄といえるでしょう。
羽生の人間としての器の大きさも感じさせるいい一冊だと思います。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください