2018年04月29日

4月の一冊

今月読みましたのは以下の15冊です。

・「買えない味2 はっとする味」平松洋子
・「ヘタウマな愛」蛭子能収
・「三世相 並木拍子郎種取帳」松井今朝子
・「君の膵臓をたべたい」住野よる
・「世界中で食べてみた危険な食事」谷本真由美@May_Roma
・「穴」小山田浩子
・「「面白半分」の作家たち 70年代元祖サブカル雑誌の日々」佐藤嘉尚
・「手塚治虫の冒険 戦後マンガの神々」夏目房之介
・「海に沈む太陽(上・下)」梁石日
・「寿司屋のかみさん とびっきりの朝ごはん 今日は何を食べよう・・・?」佐川芳枝
・「クジラの彼」有川浩
・「火花」又吉直樹
・「羽生善治 闘う頭脳」羽生善治
・「人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ」村上純

「買えない味2 はっとする味」、高級店の食べ歩きや珍味の食自慢ではなく。
あの時あの味といったような、心の原点のような食べ物の紹介です。
「ヘタウマな愛」、亡き前妻との思い出を綴った素朴で正直なエッセイ。
蛭子さんらしいなと思います。
「三世相 並木拍子郎種取帳」、シリーズ第3弾です。
目新しい展開はないのですが、安定していますね。
「君の膵臓をたべたい」、ベストセラーになり、映画化もされアニメ化も予定されています。
私は素直に感動しました。
「世界中で食べてみた危険な食事」、世界の食文化を紹介しておられるのかなと思ったらそういうわけでもなく。
色物的な旅の食日記ですかね。
「穴」、何が現実でどこからが妄想(虚構)なのか。
現実と虚構のあいだを彷徨うような内容です。
「「面白半分」の作家たち 70年代元祖サブカル雑誌の日々」、いかにも70年代だったのだなという気がしました。
今こんな雑誌ありませんから。
「手塚治虫の冒険 戦後マンガの神々」、手塚作品を絵や表現方法から論じたマンガ論。
他のマンガ家との比較もあります。
「海に沈む太陽(上・下)」、イラストレーター黒田征太郎の半生を描いた小説。
う~ん、もうちょっと上手くまとめられなかったものか・・・・。
「寿司屋のかみさん とびっきりの朝ごはん 今日は何を食べよう・・・?」、寿司屋のおかみさんの食エッセイです。
ずっと楽しみに読み続けています。
「クジラの彼」、自衛隊関連のラブコメ短編集。
ここまで書けるってすごいなぁと思います。
「火花」、お笑い芸人が書いて話題になった芥川賞受賞作品。
本格的ではありますが、作者の経歴を加味してちょっと過大評価ではというのが私の印象。
「羽生善治 闘う頭脳」、対談・インタビュー集。
こういう偉人の話を読むのは好きですね。
「人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ」、ラーメン二郎に愛を捧げる著者の渾身の一冊。
いや、ほんとラーメン二郎を崇拝しておられる気持ちがよく伝わるいい本でした。

さて今月の一冊ですが。
「クジラの彼」なんかは上手いなぁと思いましたね。
「人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ」、これはお笑い芸人が書かれたということを除外して評価できる好書です。
でもやっぱり感動したのは「君の膵臓をたべたい」です。
ライトノベルな扱いになるのかな。
でもそんなことはどうでもよく、いい小説を読んだなという満足の読後感がありました。
ということで今月の一冊はこれ。

CIMG3244.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください