2018年05月21日

「飛田の子 遊郭の街に働く女たちの人生」杉坂圭介

CIMG3274.JPG

大阪の飛田新地で遊郭を経営していた著者。
現在は店の名義を知人に譲ってスカウトマンをしておられるそうです。
前著「飛田で生きる 遊郭経営10年、現在、スカウトマンの告白」ではそんな経営者時代の話を書いておられました。
店を始めるには、女の子はどうやって集めるのか、収入は、経営の実態は、など。
今回は実際に自分の店で働いていた女の子にスポットを当て、飛田で働く女の子たちの実情を紹介しておられます。
いろんな女性がおり、いろんな事情を抱えています。
やはり女性を使うのは難しいですね。(笑)
新しい女の子が入ってきたせいで自分の売り上げが落ちたら、その嫉妬の凄まじいこと。
それまで自分がエースだったというプライドもあるでしょうし、ストレートに収入に響きますからね。
修羅場になったりもするようです。
女の子たちをうまくコントロールしつつ、急に飛んでしまう(辞めてしまう)子の代わりを必死に補充しつつ、店の売り上げは乱高下。
そんな仕事を10年もやってこられたのですから、まさにお疲れ様です。
最近の飛田ですが、全体の売り上げも下降し、だんだんと寂れつつあるようです。
世間体が悪いだのと反対する人たちがいますし、他の風俗に客が流れているというのもあります。
確かに飛田はコスパはよくありません。(笑)
15分で11000円くらいですか。
でも正味の時間はその半分くらいということで、女の子によってはタッチもなしなんですから客にとってこんなアホな話はない。
同じ値段で60分のホテヘルに行けます。
ただ女の子からすれば15分でその半分ほどを手取りとしてもらえるわけで、時間単価にすると非常に割がいい。
60分のコースだと手取りで20000円です。
エースともなるとロングやショートのコースも含めてですが、1日30本上げるというのですからたいしたものです。
ですが最近はシャワーあり本番なしのデリヘル・ホテヘルに女の子が集まっているようで。(飛田はシャワーなし、本番あり)
飛田も正念場です。
でもこの独特な街は存続してもらいたいと私は思うのですけどね。
posted by たろちゃん at 00:00| Comment(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください