2018年06月30日

6月の一冊

今月は14冊読みました。

・「トンデモ本の逆襲」と学会[編]
・「なにを食べたらいいの?」安部司
・「パンク侍、斬られて候」町田康
・「何をいまさら」ナンシー関
・「やさしいため息」青山七恵
・「うなぎでワインが飲めますか? そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術」田崎真也
・「白樫の樹の下で」青山文平
・「昭和、あの日あの味」月刊『望星』編集部編
・「花散里」円地文子
・「迷える空港 あぽやん3」新野剛志
・「ジゴロ」中山可穂
・「脱・限界集落株式会社」黒野伸一
・「ボランティア・スピリット」永井するみ
・「河口へ」佐藤洋二郎

「トンデモ本の逆襲」、トンデモ本ってなかなか自分で買ってまでは読みたくない。
でもこの本を読めばじゅうぶん楽しめます。
「なにを食べたらいいの?」、添加物まみれの現代の食事情。
でも外食や出来合いの物を避けてストイックにいけば、そう難しいことではなかったりもします。
「パンク侍、斬られて候」、町田康が時代小説を書けばこう来るのかと。
やはり一筋縄ではいかない作家さんですね。
「何をいまさら」、いつもながらの素晴らしい消しゴム版画とするどいエッセイ。
といってもかなり昔のエッセイ集ですが。
「やさしいため息」、平凡な日々にふと現れた些細な非日常。
でもやっぱりそれも平凡な日常に埋もれます。
「うなぎでワインが飲めますか? そば、てんぷら、チョコレートまでのワイン相性術」、私はワイン好きでなんにでも合わせますよ。
うなぎや天ぷらなんて当たり前、たこ焼き、キムチ、冷奴、鍋、ニラサラダ、ゴーヤチャンプルー、漬物、えっと他にもいろいろ、どうですか田崎さん。(笑)
「白樫の樹の下で」、ちょっとミステリーな要素が入った時代小説でしょうか。
閉塞した時代に生きる矜持を持った若者たちの青春小説でもあります。
「昭和、あの日あの味」、今さら昭和なんて言っても鬱陶しがられるだけかもしれませんが。
でもノスタルジーですよね。
「花散里」、老齢といってもいい女性たちの恋愛遍歴。
いいじゃないですか、もっともっと女性も奔放に恋愛を。
「迷える空港 あぽやん3」、主人公が鬱になってしまって。
現代の社会問題を取り入れてるのでしょうが、そもそもの設定と無理があるように思いました。
「ジゴロ」、もちろん内容はすべてレズビアンの恋愛です。
いつも同じ感想を書いている気がしますが、中山可穂は熱く激しい。
「脱・限界集落株式会社」、シリーズ第2弾。
さすがにこれ以上はちょっと厳しいでしょう。(笑)
「ボランティア・スピリット」、アジアからの留学生や外国人労働者を扱った短編集。
それらの人に対しての日本人の偏見をシニカルに突いています。
「河口へ」、いわゆる肉体労働者を主人公とした短編集。
毎日汗を流して危険を伴った作業をしつつ、それでも日々の暮らしがあるわけです。

さてさて。
この中から一冊を選ぶわけですが。
そうですねぇ、図抜けてこれだというのはなかったです。
しかし心に熱く染みるものがあったということで、「ジゴロ」でしょうか。
今月の一冊はこれで。

CIMG3293.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください