2018年07月28日

「欅しぐれ」山本一力

CIMG3312.JPG

深川の桔梗屋といえば履物を扱う老舗の大店です。
その主人である太兵衛はふとしたきっかけで賭場の貸元猪之吉と知り合います。
酒の席に誘って自己紹介した太兵衛に猪之吉は言います。
「そこまでで止したほうがいい」
江戸でも指折りの問屋である桔梗屋が渡世人と付き合うなど考えられないことです。
しかしこの後のやり取りのあと猪之吉は言うのです。
「これからは、五分の付き合いをさせてもらおう」
住む世界は違えども、お互いの侠気に惹かれあうのですね。
その時点ですでに病に冒されていた太兵衛ですが、また間の悪いことに店の乗っ取りを企む連中が絡んでくるのです。
太兵衛は信頼する猪之吉に店の後見人になるよう言い残し息を引き取ります。
渡世人が大店の後見人。
もちろん皆抵抗はあったものの損得ではなくまっすぐに桔梗屋を守ろうとする猪之吉に、内儀しずを始め、頭取番頭も信頼を置きます。
猪之吉(桔梗屋)と乗っ取りを企む一味との死闘が始まります・・・・。
いやあ、いいですねぇ。
猪之吉といえば山本一力作品ではお馴染みの人物です。
今回は主人公としてその魅力を存分に発揮しています。
ですがなんといいますかしゃしゃり出すぎていない。
大店の主の代わりに店を仕切るものの、しかしそれはあくまで乗っ取り屋から桔梗屋を守るため。
ほいほいと商売に口を出す下衆な人間ではもちろんありません。
しかしつねに相手を先回りして手を打ち続ける差配はさすがです。
渡世人である猪之吉の器量と魅力、また大店の主であるという立場にも関わらずそれを受け入れた太兵衛もまた人物でしょう。
そして内儀しずの凛とした姿勢。
その他の登場人物にもしっかりと味付けがあります。
さすが。
山本一力の世界を存分に味わえる一冊ですね。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください