2018年07月30日

7月の一冊

今月は14冊の読書でした。

・「もうひとつの青春 同性愛者たち」井田真木子
・「三四郎」夏目漱石
・「食べる屁理屈」村松友視
・「はるいろ恋愛工房」藤谷郁
・「風俗ゼミナール お客様編」松沢呉一
・「小さいおうち」中島京子
・「男子厨房に愉しむ 50歳からの健康手料理」中央文庫編集部 編
・「チア男子!!」朝井リョウ
・「サービスの達人たち 究極のおもてなし」野地秩嘉
・「夜を着る」井上荒野
・「東京たべもの探検」文藝春秋編
・「読まされ図書室」小林聡美
・「アジア ラーメン紀行」森枝卓士
・「欅しぐれ」山本一力

「もうひとつの青春 同性愛者たち」、どうしても偏見を持たれてしまう同性愛者たち。
彼らはどのように考え、どのような行動をおこしているのか。
「三四郎」、漱石の前期三部作の一冊目。
ぼちぼち二作目三作目も読んでいこうと思います。
「食べる屁理屈」、食エッセイです。
タイトルにあるような屁理屈ではありませんでした。
「はるいろ恋愛工房」、陶芸をモチーフにしたちょっとエッチな恋愛小説。
わりと楽しめました。
「風俗ゼミナール お客様編」、風俗ライターでもある著者の風俗指南です。
読み物としても楽しめました。
「小さいおうち」、戦時中を舞台にした話です。
戦争を取り上げた小説というとどうしても悲惨になりがちですが、これはほのぼのとした雰囲気があります。
「男子厨房に愉しむ 50歳からの健康手料理」、エッセイ&レシピといいますか。
別に50歳過ぎなくとも料理は楽しむべきです。
「チア男子!!」、チアリーディングという今までになかったモチーフです。
しかも男子だけのチームというのがミソ。
「サービスの達人たち 究極のおもてなし」、サービスというのはやはり天性のものだと思います。
どんな職業もそうかもしれませんが。
「夜を着る」、旅をテーマにした短編集。
飲み込むのに引っ掛かるあたりがやはり井上荒野。
「東京たべもの探検」、30年以上前の本ですが。
それだけに懐かしく貴重な資料ともなり得ます。
「読まされ図書室」、著者がいろんな著名人から勧められた本を読むという企画。
しかし皆それぞれお気に入りの一冊というのがあるものなんですね。
「アジア ラーメン紀行」、カレーライスと並んで日本の国民食であるラーメン。
アジア各国のラーメンを考察した一冊。
「欅しぐれ」、友情といいますか侠気といいますか。
男同士のやりとりにシビレましたね。

さて、今月もこの中から一冊を選びましょう。
ずっと読んできまして「チア男子!!」かなと思っていたのですが。
最後に読んだ「欅しぐれ」、これにはやられました。
今月の一冊はこれです。

CIMG3312.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください