2018年08月03日

「サザエさんの東京物語」長谷川洋子

CIMG3314.JPG

著者は「サザエさん」の作者である長谷川町子の妹です。
そのような立場から見た長谷川家はどのような家庭だったのか。
長谷川町子とはどのような人物だったのか・・・・。
いまや国民的アニメである「サザエさん」。
日曜日の夜には欠かせない番組となっていますよね。
それだけに「サザエさん症候群」なんて言葉も生まれたりして。
誰もが知る「サザエさん」ではありますが、原作者が長谷川町子という人物だいうのはアニメのクレジットでけっこう皆さんご存知でしょう。
しかしアニメではなく原作を読んだことがあるということになると、その数はガクンと減るのでは。
ましてや長谷川町子がどのような人物であったのかとなると。
この本にも書かれていますが、晩年に日本漫画家協会・文部大臣賞を受賞した際、あまり人前に出たがらない長谷川町子氏が出席されたのだとか。
誰もまさか長谷川町子が出席するわけはないだろうと思っていた中での出席。
「パーッと花が開いたように脚光を浴びて会場に現れた」とのこと。
「動く長谷川町子を初めてみた」と会場はどよめいたそうです。
こうなるともう伝説の人物ですね。(笑)
で、この本の内容ですが、決して長谷川町子伝ではありません。
あくまで主人公は著者です。
長谷川町子の素顔についても語っておられ、またいくつかの写真も添えられてはいます。
ですがこれはあくまでも著者のエッセイです。
著者から見た長谷川家の記録。
これはこれで興味深く読ませていただきました。
しかし「サザエさん」という言葉を使うのは便乗的だなという気がしましたね。(笑)
ラベル:漫画本 エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください