2018年10月30日

10月の一冊

今月の読書は13冊です。

・「流転の魔女」楊逸
・「あの素晴らしい曲をもう一度 フォークからJポップまで」富澤一成
・「鹿男あをによし」万城目学
・「わが闘争」角川春樹
・「英国一家、ますます日本を食べる」マイケル・ブース
・「下読み男子と投稿女子 ~優しい空が見た、内気な海の話。」野村美月
・「猟銃・闘牛」井上靖
・「味覚日乗」辰巳芳子
・「ルポ 電王戦 人間vs.コンピュータの真実」松本博文
・「赤めだか」立川談春
・「親友の条件」久石ケイ
・「いとしいたべもの」森下典子
・「鴨川食堂」柏井壽

「流転の魔女」、構成は面白いとは思います。
しかし成功してますかどうか。
「あの素晴らしい曲をもう一度 フォークからJポップまで」、邦楽の歴史が楽しめます。
歌は世につれ世は歌につれ・・・・。(笑)
「鹿男あをによし」、奈良という舞台を巧みに活かしたエンターテイメントでした。
作者らしいと思います。
「わが闘争」、元祖カリスマ編集者の半生記といいますか。
UFOなんて出てくるあたりがもう。
「英国一家、ますます日本を食べる」、イギリス人家族が食べ歩いたニッポン。
2作目のせいか新鮮さはなく、ちょっと白けて読みましたが。
「下読み男子と投稿女子 ~優しい空が見た、内気な海の話。」、ラノベの業界話とも読める青春小説。
設定が面白く感動もありました。
「猟銃・闘牛」、球場で闘牛大会を実現させようという主人公。
時代だなとは思いましたが古臭さはなかったです。
「味覚日乗」、季節の素材を使って心を込めて料理を作る。
そんな当たり前のことが当たり前でなくなってしまった昨今を思います。
「ルポ 電王戦 人間vs.コンピュータの真実」、人間とコンピュータ、どちらが将棋が強いのか。
コンピュータ将棋の進化とvs人間との遍歴がよくわかる一冊です。
「赤めだか」、現在を代表する人気落語家のエッセイ。
内輪話が楽しめます。
「親友の条件」、エタニティにしてはやや暗いといいますか重いといいますか。
まあ中にはこういうのもあっていいでしょう。
「いとしいたべもの」、メロンパンやオムライスなど。
身近な食べ物への著者の愛しさを感じさせてくれます。
「鴨川食堂」、思い出の食を探し出し再現する料理人。
続編も出ていますので今後に期待しましょう。(笑)

さて今月の一冊をば。
「鹿男あをによし」と「下読み男子と投稿女子 ~優しい空が見た、内気な海の話。」が候補ですね。
「鹿男あをによし」はさすがの万城目学だと思います。
舞台となる土地を活かした世界観は作者の持ち味ですね。
読み応えもありました。
しかし私は「下読み男子と投稿女子 ~優しい空が見た、内気な海の話。」を推したい。
ラノベなので万人受けはしないでしょうけど、私的にはきましたね。
ということで今月の一冊は「下読み男子と投稿女子 ~優しい空が見た、内気な海の話。」です。

CIMG3351.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(1) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々と参考になりました。ありがとうございます。
Posted by 西明石の蛙 at 2018年10月30日 09:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください