2018年11月29日

11月の一冊

今月は以下の14冊を読みました。

・「お昼ごはん、何にする?」こぐれひでこ
・「樹下の家族」干刈あがた
・「小森生活向上クラブ」室積光
・「全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路」松本修
・「居酒屋おくのほそ道」太田和彦 画=村松誠
・「書店ガール5 ラノベとブンガク」碧野圭
・「アダルト系」永江朗
・「天才たちの値段 美術探偵・神永美有」門井慶喜
・「みんないってしまう」山本文緒
・「活字の海に寝ころんで」椎名誠
・「超高速! 参勤交代」土橋章宏
・「丸元淑生のスーパーヘルス 老化を遅らせる食べ物と食事法」丸元淑生
・「つるかめ助産院」小川糸
・「〈超〉読書法」小林信彦

「お昼ごはん、何にする?」、食べ歩きエッセイなのですが、お昼ごはんというところがいい。
なんだか肩の力が抜けている気がします。
「樹下の家族」、時代を感じさせる内容というか作風だと思います。
今ではちょっとつらいか。
「小森生活向上クラブ」、軽い調子でトントンと書かれていますが、実は内容はすごく恐ろしい。
現代版必殺仕事人。(笑)
「全国アホ・バカ分布考 はるかなる言葉の旅路」、アホ・バカの起源をよくもまあここまで深く考察されました。
力作です。
「居酒屋おくのほそ道」、俳句を詠みつつ居酒屋巡りの旅。
酒のウェイトがほとんどだったりして。
「書店ガール5 ラノベとブンガク」、今回は若い店長の成長、そしてラノベ界の裏側も描かれています。
シリーズの最初から比べると世代交代の感がありますね。
「アダルト系」、アダルトでマニアックな人たちを取り上げています。
どんな世界にも情熱を傾けている人はいるのだなと。
「天才たちの値段 美術探偵・神永美有」、美術が好きな人にはいいでしょうね。
ただ美術探偵というネーミングがちょっとダサ・・・・。
「みんないってしまう」、人は生きていく中でいろんなものを失っていきます。
しかしまた得るものもあると。
「活字の海に寝ころんで」、いろんな本を紹介していますが、書評というよりはエッセイですかね。
椎名誠らしいセレクトだと思います。
「超高速! 参勤交代」、参勤交代を終えたばかりにもかかわらず、またもやお上より5日以内に出仕しろとの無茶なお達し。
波乱万丈な道中ではありますが、決してドタバタコメディではありません。
「丸元淑生のスーパーヘルス 老化を遅らせる食べ物と食事法」、食事というのは健康のいちばん根本であるはずなのですが、そのような観点から気を使っている人はなかなかいません。
ダイエットとやらで間違った気の使い方をしている人は多いですが。
「つるかめ助産院」、南の島を舞台に人との出会いや別れが描かれています。
ほのぼのとした雰囲気がいい。
「〈超〉読書法」、ブックガイドとして読む分にはいい。
やや高飛車な物言いが気になりますが。

さて今月の一冊。
「書店ガール5 ラノベとブンガク」、「超高速! 参勤交代」、「つるかめ助産院」が最終候補です。
「つるかめ助産院」はよかったのですがラストがどうしても納得いかない。
「書店ガール5 ラノベとブンガク」もよかったのですが無難なよさといいますか。
ここはやはり設定の面白さやいろんな要素を盛り込んで楽しませてくれた「超高速! 参勤交代」を採りたい。
ということで今月の一冊はこれです。

CIMG3369.JPG



posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください