2019年02月18日

「江戸へようこそ」杉浦日向子

CIMG3413.JPG

前口上として著者が語りたい江戸についての説明があるのですが、いまいちよくわかりません。(笑)
著者は歴史の知識がある「歴史好き」でもなく、チャンバラなどが好きな「時代劇好き」でもないといいます。
日本で「時代もの」といえばおおむねそれら2種類に支えられており、専門的な研究以外ではどうしてもそういう人たちを対象として書かれることになるので従来のイメージを抜けられないと。
そして江戸趣味を否定し、ノスタルジーも否定しておられます。
で、「江戸はどこにあるのか」という問いに対しては、「いまここにあります」と答えるそうです。
なんだかなぁ、ちょっとイタイなぁ、という気がします。
まあ江戸について一般の人たちが安易に浮かべるイメージに対して物申したいのだとは思いますが。
たしかに江戸時代といっても毎日歴史に残るような出来事があったわけではなく、また時代劇のようなドラマが日常茶飯事に起きていたわけではありません。
現代も同じですが、皆ごくごく平凡に毎日を過ごしていたはずです。
そしてその延長にいまの東京もある、と。
もっと日常の江戸を知ってほしいということなんでしょう。
私もそのあたりは知りたい。
私は大阪の人間なので江戸ではありませんが、例えば自分のご先祖様は江戸時代どのような生活をしていたのか。
なにを生業にしてどのような人物だったのか。
住んでいたあたりはどのような風景で周りにはどのような人たちがいたのか。
日々どのような日常を過ごしていたのか。
教科書に出てくる出来事よりもよほど興味があります。
この本ではゲストを招いての対談も掲載されています。
中島梓氏とは吉原について。
高橋克彦氏とは春画について。
これらは私も興味ありますので、へぇなるほどと読ませていただきました。
でもテーマとしてはベタですよね。
もちろんそれらから庶民の生活を見ることはできるのでしょうけど。
著者の鼻息が荒い割には結局この本も従来のイメージからは脱却できていないのではと思いました。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください