2019年02月26日

「シマコの週刊!?宝石」岩井志麻子

CIMG3417.JPG

今は無き『週刊宝石』。
えっ、廃刊してたの?
この本を読むまで知りませんでした。(笑)
今はあまり書店に行くこともなく(ブックオフばかり)、行ったとしても雑誌売り場には近寄りませんから。
そうですか、無くなってましたか。
高校生時代に『週刊宝石』を愛読していたという著者が、その編集部の残党とともに『小説宝石』の中で復活を企画しつつ連載したのがこの本です。
昔は私もよく立ち読みしていましたよ。
そう、この本でもメインのネタとして取り上げられている「処女探し」、「オッパイ見せて」という企画。
今からすれば馬鹿馬鹿しいというか可愛げがあるというか、しかし当時の男性連中はこの企画にウハウハしていたのですね。
そんな企画の裏話が読めて実に面白い。
エロ雑誌ではなかったのですが、一般誌の体裁を保ちつつエロ企画で楽しませてくれた週刊誌でした。
ですがネットでこれほどエロが蔓延しますと、この程度ではさすがに読者を引っ張り切れなかったのか。
もちろんエロだけではなくちゃんとした記事も掲載していたのですが。
まあこれも時代でしょう。
こういう週刊誌があったという回顧録的な一冊でしょうか。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください