2019年02月28日

2月の一冊

今月の読書は13冊でした。

・「成功する人は生姜焼き定食が好きだ」笠井奈津子
・「ベジタリアンの文化誌」鶴田静
・「後妻業」黒川博行
・「キャンティ物語」野地秩嘉
・「藤十郎の恋・恩讐の彼方に」菊池寛
・「夜中にジャムを煮る」平松洋子
・「隣に誰かさん。」深月織
・「はなうた日和」山本幸久
・「江戸へようこそ」杉浦日向子
・「女とお酒のいい関係」友田晶子
・「読むのが怖い! 帰ってきた書評漫才~激闘編」北上次郎×大森望
・「明日を知らず」芝木好子
・「シマコの週刊!?宝石」岩井志麻子

「成功する人は生姜焼き定食が好きだ」、トンデモ本とまでは言いませんけども。
どちらかというとイタイ系の本かなと。
「ベジタリアンの文化誌」、肉食を否定するベジタリアンとはどのような人たちなのか。
その歴史や文化を掘り下げます。
「後妻業」、これは作者の造語でしょうか。
キャラといい内容といい、ピタッとはまっていますね。
「キャンティ物語」、一世を風靡したイタリアンレストラン「キャンティ」の歴史です。
といっても店そのものよりも関わった人物が主ですが。
「藤十郎の恋・恩讐の彼方に」、教訓を含んだような短編集です。
粒ぞろいな内容でした。
「夜中にジャムを煮る」、ただ食べ物について語るだけでなく。
そこにはやはり生活というものがあります。
「隣に誰かさん。」、若い女性向けのラブストーリー。
甘いですけどそこそこ読めます。
「はなうた日和」、さりげないようでドラマな日常といいますか。
さらりと読ませるあたりがもしかしたら過小評価されるかも。
「江戸へようこそ」、江戸の日常を紹介した(?)一冊。
なんだか著者の高飛車さが鼻につくのですが。
「女とお酒のいい関係」、いまやお酒を飲むのに男も女もありません。
ですがやはり女性はスマートに飲んでいただきたいですね。
「読むのが怖い! 帰ってきた書評漫才~激闘編」、まさに漫才です。
真正面からの書評よりもこのような形式のほうが受け入れやすいかもしれませんね。
「明日を知らず」、戦中戦後の満州を舞台にした恋愛小説。
でも小説としての出来はどうでしょう。
「シマコの週刊!?宝石」、ゲリラ的に復活した(!?)週刊宝石。
裏話的な内容です。

えっと、今月の一冊ですが。
そうですね、エンターテイメントとして上出来だと思える「後妻業」でしょうか。
けっこうワクワクしながら読めました。
大阪を舞台にしており、私にとっては地元感もプラスでしたし。
今月はこれで。

CIMG3407.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください