2019年03月10日

「お江戸の姫君 右京之介助太刀始末」高橋三千綱

CIMG3422.JPG

ある夜、女が浪人に追われる現場に出会った右京之介の手下の弥太。
捕らえられた女を助けようとした弥太ですが、逆に浪人に斬られそうになります。
しかしその浪人を別の浪人が斬り捨て、助かったかと思いきや、これまたその浪人に斬られそうになります。
「殺られてしまうのネ」と念仏を唱える弥太を助けてくれたのが我らが若様こと右京之介です。
その隙を突いて右京之介を腕の立つ黒装束の女が襲います。
寸前で攻撃をかわした右京之介は、女を捕らえて吉原の遊郭に閉じ込めます。
実はこの女は屋敷から逃げ出してきたお姫様でした。
さて、これから右京之介の周りでなにが始まるのか・・・・。
えっと、シリーズ第4弾になりますか。
なんだか前作あたりから内容が複雑になりまして。
今回もお姫様の父親の兄弟がどうこうという話があり、これがまあ事件のきっかけとなっているわけですが、そこにお女中やその旦那がどうという話も加わり、右京之介に惚れる問屋の娘が現れたり、とにかくややこしい。(笑)
私の頭が悪いだけなのかもしれませんが。
もうすこしすっきりしていただければありがたいんですけどね。
でも単純すぎても今回のような話は成り立たず深みもないわけですが。
それはともかく、やはりこの作品は右京之介のキャラでしょう。
いかにも高橋作品らしい飄々とした主人公。
実に魅力的です。
地の文やセリフの言い回しなども時代小説としては軽薄と受け止められるかもしれません。
ですが、何より登場人物に魅力があり小説として面白い。
若様がお江戸に新風を吹き込むがごとく、この作品も時代小説に爽やかでユーモラスな風を吹き込んでおられるのではないでしょうか。
次作も楽しみに読ませていただきます。
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください