2019年03月30日

3月の一冊

今月の読書は14冊でした。

・「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」三上延
・「実況・料理生物学」小倉明彦
・「雪の鉄樹」遠田潤子
・「怖い絵 泣く女篇」中野京子
・「お江戸の姫君 右京之介助太刀始末」高橋三千綱
・「羊と鋼の森」宮下奈都
・「定食ニッポン」今柊二
・「カエルの楽園」百田尚樹
・「妻の超然」絲山秋子
・「赤ずきんちゃん気をつけて」庄司薫
・「キアズマ」近藤史恵
・「やくざと芸能界」なべおさみ
・「諸国空想料理店」高山なおみ
・「愛のひだりがわ」筒井康隆

「ビブリア古書堂の事件手帖6 ~栞子さんと巡るさだめ~」、シリーズもいよいよ大詰めになってきました。
五浦と栞子さんの関係が楽しみです。
「実況・料理生物学」、料理を化学的生物学的に講義した一冊。
こういうアプローチも楽しいですね。
「雪の鉄樹」、過去にいったい何があったのか。
じわじわと明らかになっていく過程を読ませる腕はなかなかのもの。
「怖い絵 泣く女篇」、何がどう怖いのか。
ただ見ているだけではわからない絵に隠された意味などを解説してくれます。
「お江戸の姫君 右京之介助太刀始末」、主人公右京之介の魅力がいいですね。
話がもうちょっとシンプルであればなお。
「羊と鋼の森」、ピアニストではなくピアノの調律師を扱ったちょっと異色(?)な作品。
じんわりと心に染み入りました。
「定食ニッポン」、飯、汁、おかずがセットになった定食。
日本の心です。(笑)
「カエルの楽園」、ちょっとベタではありますが、現在の日本を揶揄した小説です。
この痛烈な皮肉が届けばいいんですけどね。
「妻の超然」、超然とは何ぞや。
達観なのか開き直りなのか何もかもを受け入れる広い心なのか。
「赤ずきんちゃん気をつけて」、日本版「ライ麦畑でつかまえて」?
良くも悪くも当時の高校生なんですね。
「キアズマ」、大学生のロードレースを扱った作品。
読み応えじゅうぶんでした。
「やくざと芸能界」、タブーに挑戦した一冊といえましょうか。
この本のおかげで著者はNHKの仕事がボツになったそうです。(笑)
「諸国空想料理店」、食エッセイ&レシピ集。
エスニックがお好きな方はぜひ。
「愛のひだりがわ」、ジュブナイルの体を装いながらただのジュブナイルにはなっていませんね。
やはり筒井康隆のテイストです。

今月はいつもより小説を多く読めました。
9冊。
その他が5冊。
どれもけっこう楽しめました。
そんな中から今月も一冊選びましょう。
絞って「雪の鉄樹」、「羊と鋼の森」、「キアズマ」ですかね。
「雪の鉄樹」は初めての作家さんでしたが、他の作品もぜひ読みたいと思えました。
「キアズマ」は「サクリファイス」シリーズで期待していた通りの面白さでした。
でも今回はピアノ調律師という未知の世界を見せてくれた「羊と鋼の森」でいきたいと思います。
今月の一冊はこれで。

CIMG3423.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください