2019年04月25日

「まだある。 今でも買える“懐かしの昭和”カタログ ~駄菓子編 改訂版~ 」初見健一

CIMG3446.JPG

昔懐かしい商品を紹介する「まだある。」シリーズ。
主に60年代~70年代に発売され最近は見かけなくなって絶滅したかと思いきや、「まだあったのか!」といまだ生き残っている商品を紹介するというコンセプトです。
食品編その1食品編その2と読んできまして、今回は駄菓子編です。
過去に読んだ2冊も駄菓子を多数紹介しておられましたが、本作では特化しています。
知っている商品もあれば初めて見る商品もあり。
『ココアシガレット』なんて今の子供たちは喜ばんだろうなぁ。
私も好きではなかったですけどね。
『耕生のフルーツ引き』なんて散々楽しみましたが、初めて正式名を知りました。
糸の先に砂糖をまぶしたフルーツの形をした飴が付いていて、その何十本もの糸の束を紙の筒で真ん中を縛ってあるんですね。
なのでどの糸を引けばどの飴を取れるのかわからない。
まあ真ん中を隠したあみだくじのようなものです。
基本はイチゴ型の小さな飴ですが、当たればオレンジの形をしたのだとか大きなのが取れたりする。
チロルチョコレートも今のような正方形1個単位ではなく、あれが3個連なっていました。
金色の包装がレトロで懐かしい。
この初代はもう発売されていませんが。
粉ジュースもよく飲みました。
今にして思えばチープな味でしたね。
着色料でメロン味なら緑色、イチゴ味なら赤色に舌が染まりました。
現在の子供が大人になったとき今のお菓子を振り返って懐かしい気持ちになることはあるでしょうが、現在の大人が60年代~70年代の駄菓子を振り返るようなしみじみ感はないんじゃないかという気がします。
ちなみにこのシリーズ、食べ物だけではなくキャラクター編だとか玩具編なども出ています。
それらもぼちぼち読んでいきたいと思います。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください