2019年05月13日

「本は10冊同時に読め!」成毛眞

CIMG3456.JPG

最近は本が売れないと言われています。
つまりそれだけ皆が本を読まなくなったということで。
読む読まないはその人の自由ですが、やはり読んだほうがいいとは思いますね。
著者は「本を読まない人はサルである」と言い切っておられます。
しかも本を読まないと低所得階級の人間になるとか。(笑)
同時進行でいろんなジャンルの本を何冊も読めというのはわかりますけどね。
私もさすがに10冊は無理ですが、だいたい3冊を同時進行で読んでいます。
でもこの著者に言わせればどうでもいい本ということになるんでしょうけど。
とにかくこの人、ボロクソに上から目線です。(笑)
ご自身が興味ある本は支配階級が読むいい本、そうでないのは労働者が読むよくない本ということらしいです。
明治・大正時代の文豪の小説なんかボロクソです。
かなり我が強いといいますかヘンコといいますか。
もし周りに本嫌いの人がいたら足を引っ張られるだけなので付き合わないほうがいいそうです。
ま、たしかにこの人にはあまり近寄らず遠くから眺めているほうがよさそうですね。(笑)
ラベル:本・書店
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください