2019年05月21日

「三匹のおっさん ふたたび」有川浩

CIMG3460.JPG

シリーズ第2弾です。
三匹のおっさんは町内の私設自警団。
剣道のキヨ、柔道のシゲ、頭脳派のノリ。
還暦は過ぎたものの、まだまだジジイ扱いされてはたまりません。
さて今回はどのような活躍を見せてくれるのか・・・・。
第一話は清田家(キヨ)の嫁である貴子が主役。
この作品の登場人物ではあるものの、三匹のおっさんの活躍とはほぼ無関係。
第二話は書店での万引き中学生を扱っています。
この被害が書店にとってバカにならないというのは知られた話で、作者としても他人事ではありません。
個人書店が経営に苦しんでおられる昨今、作家としてメッセージを込められました。
第三話ではキヨの孫である祐希とその彼女でノリの娘である早苗の話。
ノリに再婚の話が持ち上がり、受験を控えた早苗が動揺し、祐希との仲が揺らいでしまいます。
第四話はイタズラでごみを不法投棄する中学生をこらしめる話。
第五話は町内の祭りを復活させるという内容ですが、これはシゲから居酒屋を受け継いだ息子の康生が活躍します。
第六話は三匹のおっさんの偽物(?)が登場。
なるほど、こういう話もあってしかるべきですね。
そして最後に「好きだと言えずに初恋は、」というボーナス・トラックが付いています。
「三匹のおっさん」とはまったく無関係な話です。
しかしこれがいい。
タイトルから連想できるでしょうが、甘く切ない話です。
なんだか記憶にあるような気がしつつ読み進めたのですが、これ「植物図鑑」の番外編となっているのですね。
う~ん、こう来たか。
ただ、なんでこの本に収録したのかよくわからないのですが。
単に収録先がなかったんですかね。
これも含めて今回はバラエティがある内容といえます。
主役が貴子さんだったり、祐希と早苗の話だったり、康生が尽力する話だったり。
さすがにそれぞれ独立した話として上手いのですが、三匹のおっさんの話としてはそのぶんちょっと物足りない気もします。
活躍も中学生のガキ相手だったりですし。
今後第3弾はあるのでしょうか。
あれば読んでみたいです。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください