2019年05月29日

「豆腐のトバ口 鰹の面取り」村松友視

CIMG3465.JPG

食エッセイです。
以前に読んだ「食べる屁理屈」と内容がダブッており、こういうのに当たるとなんだか損した気分になるのは性格がセコイせいでしょうか。(笑)
でもしっかりと内容を覚えているわけでもなく、再読の機会を与えていただけたと思えばいいのでしょう。
さて、表題の「豆腐のトバ口」とはなんぞや。
ま、ある店の豆腐を食べて美味しさに目覚めたと。
そして旅するたびに美味しい豆腐屋を探すようになったと。
たしかに本物の豆腐というんでしょうか、スーパーの安売りのようなのではなくちゃんとした物を食べるとほんとに美味しいですよね。
というか、それが本来の豆腐の美味しさであり、スーパーで出回っているようなのが紛い物なんでしょうけど。
「鰹の面取り」とはなんぞや。
新鮮な魚といえども、大量に刺身を出され、それをひたすら醤油で食べ続けるのはうんざりすると。
私もそうですね。
刺し身なんて数切れでいい。
そんな大量に食べられるものじゃない。
しかし著者は友人にある天ぷら屋に連れて行ってもらい、そこで出された鰹の刺身に感動したと。
それは普通に切られたものではなく、鰹を外側から削ぐ様に、鉛筆を削るように“面取り”してあったとのこと。
なので切断面が1枚ずつ違っており、味わいに変化が生じるというわけです。
これが魚料理専門店ではなく天ぷら屋で出されたというのがミソ。
当たり前の盛り付けではなく、過去の風習にとらわれない提供の仕方に感じ入ったということです。
専門外だからこそということなのでしょうか。
そうですね、今まで普通に食べていたものも、ちょっとした工夫で新鮮な美味しさになるのかもしれません。
それはむしろ専門外の人が今までの型ににとらわれない発想で生み出すのかもしれませんね。
ただやりすぎると台無しですが。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『む』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください