2019年05月31日

5月の一冊

今月は15冊の読書でした。

・「超高速!参勤交代 リターンズ」土橋章宏
・「自分史上最多ごはん」小石原はるか
・「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」神田桂一 菊池良
・「耽美なわしら1」森奈津子
・「サラリーマン居酒屋放浪記」藤枝暁生
・「マンガはなぜ面白いのか その表現と文法」夏目房之介
・「本は10冊同時に読め!」成毛眞
・「漂泊の牙」熊谷達也
・「変な給食」幕内秀夫
・「キムラ食堂のメニュー」木村衣有子
・「三匹のおっさん ふたたび」有川浩
・「オリーブの罠」酒井順子
・「落語と私」桂米朝
・「5」佐藤正午
・「豆腐のトバ口 鰹の面取り」村松友視

「超高速!参勤交代 リターンズ」、タイトルからするとコメディのように思えますが、なかなかどうして読み応えのある時代小説です。
しっかりとエンターテイメントもしています。
「自分史上最多ごはん」、ある店のある料理が気に入り、何十年も通い何百回も食べ続ける。
そんな一品を紹介した一冊。
「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」、文豪の文体でカップ焼きそばの作り方を書くというバカバカしい内容です。
笑えます。
「耽美なわしら1」、ゲイとレズな連中のコメディ。
小説としてはどうかというレベルですが、まあそれなりに面白いのでよしとしましょう。
「サラリーマン居酒屋放浪記」、出張で全国を訪れる酒飲みサラリーマンがいい居酒屋を紹介します。
同じような立場の人なら実用的かも。
「マンガはなぜ面白いのか その表現と文法」、線やコマといった技術的な面からマンガを分析する著者。
普通の読者ならさらりと読み流すような部分をよく見てるなぁと思います。
「本は10冊同時に読め!」、まあ数冊を並行して読むというのは私もやっていますしいいと思います。
しかし著者の高飛車な物言いがイタ過ぎます。
「漂泊の牙」、絶滅したはずのニホンオオカミが生きていた!?
緊迫の動物&山岳小説です。
「変な給食」、ほんと学校の給食って変なのが多いですよね。
昔はここまでひどくなかったように思いますが。
「キムラ食堂のメニュー」、メインは著者の畑日記でしょうか。
日々の苦労が描かれています。
「三匹のおっさん ふたたび」、ちょっと話のスケールが小さい気もしましたが、まあ街の警らですからこんなものですか。
さすがに話は上手いと思います。
「オリーブの罠」、伝説のファッション誌オリーブで育った著者が過去を振り返り分析。
酒井順子ならではの柔らかくも容赦のない指摘がいい。
「落語と私」、落語についてわかりやすく詳しく解説した一冊。
入門書としていい本だと思います。
「5」、内容はSF的でちょっと現実離れしています。
しかしそうは思わせずするすると読ませるのがさすがに佐藤正午。
「豆腐のトバ口 鰹の面取り」、食べることについていろいろと細かなところにこだわった食エッセイ。
なんだかんだいいつつ、やはり食べることにはこだわらずにいられないんですよね。

では今月の一冊を。
「超高速!参勤交代 リターンズ」、「5」が候補ですね。
どちらもわくわくと夢中で読みましたが、「5」ですかね。
うん、今回はこれでいきましょう。

CIMG3463.JPG
posted by たろちゃん at 06:34| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください