2019年06月06日

「世界一周ひとりメシ in JAPAN 」イシコ

CIMG3468.JPG

前作で世界一周の旅に出かけ、あちこちの国でひとりメシをした著者。
それ以来日本を出ておられないとのことです。
しかし日本にはいろんな国の人が住んでおられ、自国の料理を出す店を経営しておられる方も多数いらっしゃいます。
それならばそれらの店を巡ることにより、日本国内で世界一周気分を味わえるのではないか。
そう思いついた著者はさっそく世界一周に出かけたのでした。(日本だけどね)
周った国(店)は20か国です。
お隣の韓国や中国、イラン、トルコ、ナイジェリア。
ロシア、ブラジル、カンボジア、などなど。
どの店もその国の人が経営しておられ、現地の雰囲気がプンプン。
店内だけででも現地の食堂の疑似体験ができたようですね。
ひとりメシができないという人も多い中、このような店にはなかなか飛び込めるものではありません。
しかし海外でひとりメシしてきた著者ですから、それに比べたらなんだかんだいっても国内ですからね。
とはいえ、店に飛び込む勇気も必要ですが、出された料理に対応できる舌と胃袋も必要です。
出されてこりゃ食えんというわけにはいきませんし。
むしろそちらのほうがすごいことかと。
ミャンマー料理店では竹蟲なんて蛾の幼虫を炒めた料理なんかも食べておられます。
まあそのようないかにも現地な料理を食べてこその“世界一周”でしょうけど。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください