2019年06月30日

6月の一冊

今月の読書は以下の14冊でした。

・「残穢」小野不由美
・「棋士の魂 ~将棋インタビュー傑作選~」別冊宝島編集部 編
・「世界一周ひとりメシ in JAPAN 」イシコ
・「涼宮ハルヒの陰謀」谷川流
・「葎の母」津島佑子
・「それマジ!? 話のネタに困ったとき読む本」綱島理友
・「それでも酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」大竹聡
・「友情」武者小路実篤
・「シェフの哲学 食の探求から 三つ星レストランの運営まで」ギィ・マルタン
・「スイートトラップ」水城夕
・「美人の時代」井上章一
・「ラスト・ワルツ」柳広司
・「東方食見聞録」森枝卓士
・「片想い」中島みゆき

「残穢」、怖い小説とのことで読んでみたのですがまったくだめ。
期待外れでした。
「棋士の魂 ~将棋インタビュー傑作選~」、なにかと話題の将棋界。
これはけっこう古い本ですが、それでもほぼ皆さんいまだ現役で活躍しておられます。
「世界一周ひとりメシ in JAPAN 」、日本国内を食べ物屋で世界一周するという試み。
それだけ日本というのは各国の料理が食べられるということで、こんな国は他にありませんよね。
「涼宮ハルヒの陰謀」、今回は長編でした。
ハルヒよりも朝比奈さんや長門さんに重点を置いた内容です。
「葎の母」、津島佑子は好きな作家さんですが、これはちょっと私には理解できませんでした。
勉強不足でございます。
「それマジ!? 話のネタに困ったとき読む本」、些細な疑問を企業に問い合わせて確認するという突撃レポ的な一冊。
いや、勉強になりました。
「それでも酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」、そうなんです、酒呑みおじさんは今日も行くんです。
私も毎日朝から飲んでます。(笑)
「友情」、有名な作家で作品ですが、意外と皆読んだことないのでは。(笑)
ストレートで爽やか(?)な青春恋愛小説ですよ。
「シェフの哲学 食の探求から 三つ星レストランの運営まで」、他の料理人本に比べてやや専門的といえましょうか。
フレンチに限らずですけど、プロを目指す人は読んでみるべきかも。
「スイートトラップ」、プロの域に達していない小説です。
エタニティだからこその作家さんでしょうか。
「美人の時代」、美人がいいかブスがいいか、そりゃ美人でしょう。
フェミニストを敵に回しても(?)著者は主張します。
「ラスト・ワルツ」、ストイックなスパイの世界を描いたシリーズ。
いよいよこれで最終巻でしょうか。
「東方食見聞録」、東アジアの食探報です。
やはり日本人の食欲に訴えかけるものがありますね。
「片想い」、ミュージシャン中島みゆきの対談集。
いろんなジャンルの人たちとの対談で、著者の交友の広さやファン層の広さに感心しました。

ではでは、今月の一冊を。
う~ん、正直言ってかなり厳しいですね。
これといって抜きん出た感想を持った本はありませんでした。
ですがこの中から一冊を選ぶとなりますと。
「それマジ!? 話のネタに困ったとき読む本」でいきましょう。
そうだったのかと感心する話がいくつもありました。
例えば蚊取り線香。
これ、煙にはほとんど殺虫効果がないなんて知ってました?
今月の一冊はこれです。

CIMG3471.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください