2019年07月10日

「グレイシー一族に柔術を教えた男 不敗の格闘王 前田光世伝」神山典士

CIMG3485.JPG

柔術というと格闘技ファンならグレイシー柔術を思い浮かべるのではないかと思います。
もちろん元々は日本の武道ですが、いまや日本よりもあちらのほうが本家という感もあります。
そのグレイシー一族たちに柔術を伝えたのが前田光世という柔道家です。
この本ではそんな前田の半生が書かれています。
世界を転戦し、最終的にはブラジルのアマゾンこそが自分の後半生を賭ける地だと63歳で亡くなるまでこの地で過ごしました。
前田が世界を渡り歩いたのはもちろん柔道を広げるためですが、後半生ではブラジルに移民する日本人のために全力を注ぎました。
むしろこの本では格闘家としての前田よりも、移民たちの私設領事としての前田の印象のほうが強い気がします。
なので格闘技本として読むとやや肩透かしかもしれません。
もちろん世界各地での異種格闘技戦について書かれてはいますが、試合の内容を詳しく描写しているわけではありません。
しかし前田が柔道の普及のために残した功績や、海外に移民した日本人たちに与えた勇気や希望といったものがよく伝わる内容です。
格闘家としてだけではなく、人間としてもスケールの大きな人だったんですね。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『こ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください