2019年07月20日

「天才シェフの絶対温度 「HAJIME」米田肇の物語」石川拓治

CIMG3490.JPG

開店から1年5か月の史上最速でミシュラン三ツ星を獲得したというレストラン、「HAJIME」。
シェフは米田肇。
米田はどのように料理と出会い、そして最高峰にたどり着いたのか。
天才シェフの経歴を辿るノンフィクションです。
私も今までいろんな料理人について書かれた本を読んできましたけど、このシェフの経歴というのはそれらとは全く異質ですね。
大卒でサラリーマンをやり、それを辞めて料理学校に進んでおられます。
その後はもちろん各店で修行となりますが、先輩たちはみな年下。
そんな中でやってこられたのですね。
また料理一筋というわけではなく、正道会館で空手もやっておられ、かなりの腕前だったようです。
そんな武闘派ではありますが、料理に関してのこだわりは病的なほど。
まあ本場フランスでも三ツ星シェフとなればそれも当然なのですが。
私もこの店がある大阪在住ですが、訪問したことはありません。
というか、もうここ何年もフランス料理とは遠ざかっております。(笑)
写真などで料理を見た印象ではミシェル・ブラスの影響を感じましたけども。
とにかく料理に渾身の思いを込めておられるというのはこの本を読んでひしひしと伝わりました。
機会があればこの天才シェフの料理、ぜひ味わってみたいものです。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください