2019年08月13日

「芸人学生、知事になる」東国原英夫

CIMG3502.JPG

お笑い芸人だったそのまんま東氏が東国原英夫として宮崎県知事になったのは誰もが知る話。
もちろん何もなくいきなりそのようになったわけではなく、きっかけがあります。
この本はそのきっかけからスタートしています。
それは98年のこと。
出入りした風俗店で働いていた16歳の少女が捕まり、その少女が東氏を相手にしたことがあると証言したため、警察から任意で捜査に協力してほしいとの連絡がありました。
もちろん東氏は実際の年齢など知らず、店では19歳として紹介していたようです。
東氏に法的な罪はないのですが、マスコミが黙っていません。
東氏はやむなく謹慎することになります。
そんな謹慎期間中に勉強をやり直そうと大学進学を決意。
見事、早稲田の二文に合格します。
卒業して今度は同じく早稲田の政経へ。
ここで本格的に地方自治に目覚めるわけですね。
そしていよいよ故郷である宮崎県の知事選へ・・・・。
少しの時間も惜しんでの、ものすごい努力がうかがえます。
途中からは仕事にも復帰し、その中での大学生生活です。
東京と宮崎を何度も行き来し、現地の施設や県会議員選挙活動の同行取材など。
そして毎日欠かさず20キロのランニング。
当然睡眠不足にもなり、血尿まで出たといいます。
マスコミからバッシングされ犯罪者のようにホテルを転々とする生活。
そんな中で価値観も自分も見失い、落ち込んだ日々。
しかしそんなことさえバネにして人生をやり直すきっかけとしたなんてすごいことです。
著者の生真面目な考え方、人生観も知ることができ、ちょっと感動の一冊でした。
ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください