2019年08月29日

「よしもと血風録 吉本興業社長・大崎洋物語」常松裕明

CIMG3511.JPG

吉本興行の社長(当時)が綴る半生記です。
まだまだローカルな一企業だった吉本興行に入社し、わけもわからないままあれよこれよと仕事をさせられ、吉本とともに成長してきた著者(代筆)。
本人の半生記でありながら、吉本興行という会社の社史でもあります。
ミスター吉本といわれたあの木村政雄氏の部下として鍛えられたんですよね。
なんやかんやと走り回り、やがて二人の若者と出会います。
ダウンタウンです。
彼らとともに吉本の東京進出が始まります・・・・。
さすがといいますかなんといいますか、この本を読みますと吉本興行というのはなんともざっくばらんな会社だったんですねぇ。(笑)
やはり芸人を有してお笑いを興行する会社ですから、そりゃカチカチなサラリーマン会社ではなかったでしょうけど。
なのでなんやかんやと著者も好き勝手にやってこられた部分があります。
もちろん相当なご苦労があったのは言うまでもありませんが。
といってもこれはあくまで吉本の一社員である著者の視点からの物語です。
また別の視点ももちろんあるでしょう。
つい最近、吉本の芸人が反社会的な連中に闇営業したとして大きな話題となりまして、経営の在り方が問題視されました。
現会長である著者や社長に対して某芸人が責任を追及し、ダウンタウンの松本人志を批判するなんてこともありました。
経営を刷新しろと。
松本は大崎会長や岡本社長が辞めるなら自分も吉本を辞めるといいました。
それに対しての批判ももちろんあったわけですが、しかしこの本を読むとそりゃ松本の主張ももっともだなと思えます。
東京に進出し全国区となったダウンタウンにすれば、著者あっての自分たちです。
義理と人情を秤にかけりゃじゃありませんけど、ビジネスライクに経営陣(大崎会長、岡本社長)の退陣に賛成などできるわけがありません。
そのような苦労を知らない吉本が大きくなってから入ってきた某芸人の批判は結局空回りに終わりましたけどね。
もともとヤクザと芸能界なんて出自は一緒なんです。
かといっていつまでもそのような昔の体質を引きずっていていいわけはありませんが、しかし芸人の世界もサラリーマン化されてきたようですね。
こんなことでは昔のような破天荒な芸人や社員など出てこないでしょう。
それでいいのかもしれませんけど。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『つ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください