2019年08月31日

8月の一冊

今月の読書は以下の15冊でした。

・「おとめの流儀。」小嶋陽太郎
・「夫のちんぽが入らない」こだま
・「日本の朝ごはん 食材紀行」向笠千恵子
・「ピカソ 巨匠の作品と生涯」岡村多佳夫
・「少女地獄」夢野久作
・「どこへ行っても美味珍味」渡辺文雄
・「芸人学生、知事になる」東国原英夫
・「観光」ラッタウット・ラープチャルーンサップ
・「牛への道」宮沢章夫
・「晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と」野村美月
・「この本、おもしろいよ!」岩波書店編集部 編
・「ひらいて」綿矢りさ
・「バルセロナの厨房から」高森敏明
・「東京都大学の人びと」谷俊彦
・「よしもと血風録 吉本興業社長・大崎洋物語」常松裕明

「おとめの流儀。」、なぎなたというマイナーな武道をモチーフにしたのがいいですね。
爽やかな感動がありました。
「夫のちんぽが入らない」、インパクトのあるタイトルだけの作品か。
そんなことはなく、きっちりと小説になっています。
「日本の朝ごはん 食材紀行」、乱れている日本の食生活。
それがてき面に表れる朝ごはんにこそ注意を払いたい。
「ピカソ 巨匠の作品と生涯」、誰もが知る有名画家ピカソ。
彼を知るわかりやすいテキストです。
「少女地獄」、私個人としましてはイマイチでしたね。
夢野久作ファンならどうぞといったところ。
「どこへ行っても美味珍味」、渡辺文雄といえば「くいしん坊!万才」。
ですが食べ物だけではなく、人との出会いをすごく大切にしておられるのが伝わってきます。
「芸人学生、知事になる」、お笑い芸人から県知事になった著者。
真摯な考えや行動に心を打たれました。
「観光」、作者はタイ人で舞台もすべてタイ。
こんな作家がいたんだと視界が広がり勉強になりました。
「牛への道」、このセンスは貴重ですね。
他の著作も読んでいきたい。
「晴追町には、ひまりさんがいる。 はじまりの春は犬を連れた人妻と」、ひまりさんというほんわかしたキャラクターが実にいい。
それに憧れる主人公、当然でしょう。
「この本、おもしろいよ!」、中高生に向けた本の紹介。
もちろん大人にとってもガイドとなります。
「ひらいて」、ちょっといびつな青春小説でしょうか。
ひりひりした痛みが伝わります。
「バルセロナの厨房から」、著者はスペイン料理レストランオーナーシェフ。
スペイン料理の魅力を存分に伝えておられます。
「東京都大学の人びと」、大学を舞台にしたカンニングの攻防。
時代だな、と思います。
「よしもと血風録 吉本興業社長・大崎洋物語」、吉本興行現会長の半生です。
吉本の内幕を垣間見ることができます。

さてさて、今月の一冊は迷うところです。
そんな中から選ぶのは・・・・「夫のちんぽが入らない」でいきましょうか。
このような現実を取り上げ、意外とちゃんと小説になっていたということ。
タイトルの勝利もあると思いますけども。
ただこの作者、今後なにを書くのかとは思いますけどね。
ま、それは私の心配するところでなし、今月の一冊はこれでいきましょう。

CIMG3497.JPG
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください