2019年09月06日

「舞面真面とお面の女」野崎まど

CIMG3514.JPG

叔父から頼みごとをされた大学院生の舞面真面(まいつらまとも)。
山奥の邸宅を訪問します。
頼み事とは、真面からすれば曽祖父で舞面財閥を築いた舞面彼面の遺言を解明することでした。
『箱を解き 石を解き 面を解け』という遺言を解き明かすべく叔父の娘である従妹の水面と一緒に二人は調査を始めるのですが、得体のしれないお面を被った少女が現れて・・・・。
とにかく名前がややこしい。
主人公は真面でヒロインは水面。
叔父は影面で曽祖父は彼面。
頭がこんがらがります。(笑)
曽祖父の残した遺言の意味はなんなのか。
そしていつもお面を被っている少女の正体は。
横溝正史をライトにしたようなミステリーですね。
ただ私には最後の展開がよく理解できませんでした。
面がなぜ人を渡り歩くのか。
なぜ、どのようないきさつで他の女性に運ばれたのか。
そのあたりがちょっと唐突で首をかしげてしまいました。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『の』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください