2019年10月24日

「きれぎれ」町田康

CIMG3537.JPG

『俺』は絵描きとのことですがろくに絵なんか描いていません。
ランパブに通い詰め、絵の具を買う金さえなく、実家の陶器店や友人たちに借金してまわるような体たらくです。
母親が設定した見合いも出された鰻をちゅるちゅる吸って食べ、ぶち壊しにする有様。
そんな中、自分よりもヘタクソな絵を描いていた吉原が一躍脚光を浴びて。
しかも吉原の妻になったのが自分がぶち壊した見合いの相手です。
そんな吉原にさえ金を借りに行くような有様で・・・・。
この作者の作品は何冊か読んできましたけども、これがいちばん難解ですね。
現実と妄想が入り交じり、なんともシュール。
ただ主人公がどうしようもないクズ(笑)だというのは一貫していますね。
自堕落でドタバタゴロゴロと人生を転げ落ちていく。
芥川賞受賞の表題作と、もう1編「人生の聖」という作品が収録されています。
まだこちらのほうが読みやすいように思いましたが、しかし内容といえばこれまたハチャメチャで。
頭蓋骨を切除してクリアーな強化プラスチックをはめ込み、脳みそ丸見えのスケルトンにしてみたりとか。
いや、もう。
さて、この表題作、芥川賞でどのように評価されていたのかと調べてみますと、やはり宮本輝氏がブチ切れておられましたね。(笑)
さもありなん。
この人、三島賞の選評でも舞城王太郎の「阿修羅ガール」に「ええかげんにせえや!」とブチ切れておられましたもんね。
わからないでもない。
町田康にしろ舞城王太郎にしろ、だめな人にはほんとに耐え難いと思います。
私は町田康の才能というのは特異だと思うんですけど。
中上健次が生きていたらどのように評価しただろうと気になります。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください