2019年11月17日

「テロリストのパラソル」藤原伊織

CIMG3547.JPG

全共闘で活動し、思いがけない事故で人を死なせ、指名手配になっていた島村。
事件は時効を迎えていますが、今も名前を変えてひっそりと暮らしています。
現在はアル中のバーテンダー。
ある日、昼の公園でいつものように酒を飲んでいたら爆弾テロがおきます。
事件に巻き込まれるとやっかいなことになると判断した島村はとっさにその場を離れるのですが、ウイスキーの瓶とカップを忘れます。
この事件に関係ないとはいえ、それらに残された指紋から自分のところに警察がたどり着くのは時間の問題です。
やがて島村は知らない間に自分がこの事件に巻き込まれていることに気付きます。
学生時代一緒に活動していた仲間や恋人がこの事件に巻き込まれ死亡していたり、ヤクザが関わってきたり、昔の恋人の娘が訪ねてきたり。
島村の生活が一変します。
自分に関わる人物が被害者の中にいるということで、島村は犯人を捜すことになるのですが。
犯人はどのような目的でこのようなことをしたのか。
単なる無差別なテロなのか。
じわじわと真実に近づいていくのですが・・・・。
そうですね、5分の4くらいまではけっこうワクワクしながら読みましたかね。
でもラストの展開がどうも。
偶然も含めて何から何まで一か所に収斂し過ぎです。
いくらなんでもの感ありです。
伏線の回収による収束感とはまた違うんです。
ご都合主義の羅列です。
途中まではよかったのに最後で白けてしまいました。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ふ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください