2019年12月11日

「素晴らしい一日」平安寿子

CIMG3560.JPG

デビュー作である表題作を含む6編を収録。
エリートの彼氏は使い込みがばれて会社をクビになり雲隠れ、自分が勤めていた会社も倒産して失業者になった幸恵。
30歳でこれといった特技もない女性を採用する会社もなく、貯金は減る一方です。
そこで思い出したのが元カレだった友朗に2年前に貸した20万円。
経営している小さな会社が行き詰まり、幸恵に借金を申し込んできたのです。
ちゃんと借用書も書いて実印に拇印まで押したにもかかわらず、1週間後にドロン。
当時はまあしょうがないやと思っていた幸恵ですがさすがに現在の状況でそんなことを言ってられず、友朗の現在の居場所を突き止め借金を返してと迫ります。
今でも2000万円近い借金がある友朗にそんなの返せるわけがありません。
それじゃあこれからお金を貸してくれそうな心当たりを一緒に回ろうと、何人もの女性のもとを訪れる2人ですが・・・・。
2人してお金を借りて回るという1日を描いています。
調子のいい楽天的な友朗、それに振り回される幸恵。
なぜ貸したお金を返してもらうために自分も一緒になって知らない女たちに頭を下げなければならないのか。
しかし友朗の天性のキャラのせいでしょうか、ようやく1日を終えた時にはなぜかハッピーな気分に。
チャラいけど憎めない男、それを許容してしまう心が広く逞しい女。
なんというか女のほうが一枚上手的な微笑ましい(?)設定は他の収録作にも見られます。
表題作は1日の出来事を濃密に描いているわけですが、作者が敬愛しておられるアン・タイラーの「ブリージング・レッスン」もそういえば何気ない1日を長編に仕立てた作品でしたね。


ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください