2019年12月31日

12月の一冊

今月の読書は15冊でした。

・「京都の中華」姜尚美
・「最悪」奥田英朗
・「名人 志ん生、そして志ん朝」小林信彦
・「ごくらくちんみ」杉浦日向子
・「潜入ルポ ヤクザの修羅場」鈴木智彦
・「素晴らしい一日」平安寿子
・「銀座八邦亭」森田誠吾
・「香港の食の物語」辻村哲郎
・「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」渡辺一史
・「ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった」太田和彦
・「チャタレイ夫人の恋人」ロレンス
・「手塚番 神様の伴走者」佐藤敏章
・「はじめての恋ではないけれど」伊東悠香
・「わが百味真髄」檀一雄
・「世界ニホン誤博覧会」柳沢有紀夫

「京都の中華」、京都の中華が独特だというのはこの本で初めて知りました。
もちろん京都の中華屋すべてというわけではないでしょうけど。
「最悪」、つながりのなかった3人の人生がとんでもない形で交錯する。
なかなかの読み応えでした。
「名人 志ん生、そして志ん朝」、親子そろって名人という稀有な例ですね。
私は世代的に志ん朝ですが。
「ごくらくちんみ」、小説というよりは珍味を紹介した小話ですね。
内容はどうってことない。
「潜入ルポ ヤクザの修羅場」、ヤクザの実態が非常に近い距離から書かれています。
一般人にとっては近づけませんし近づきたくもないので、この世界を知るにはありがたいルポです。
「素晴らしい一日」、頭を下げてあちこちお金を借りて回る1日を描いています。
でも卑屈さがないところがこの作者の持ち味か。
「銀座八邦亭」、古き良き時代の銀座の物語。
味わいがありました。
「香港の食の物語」、食のガイドブックであり、香港の文化も紹介した一冊。
香港には縁がありませんが、思いのほか楽しめました。
「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」、障害者とそれを介護するボランティアの日々。
これを読むと障害者や介護への認識が変わります。
「ニッポンぶらり旅 宇和島の鯛めしは生卵入りだった」、ぶらりと旅に出て、その先で知らない居酒屋に入って時を過ごす。
酒飲みが憧れるシチュエーションです。
「チャタレイ夫人の恋人」、ひたすら退屈で長い小説でした。
理解できない私が悪いのでしょうが。
「手塚番 神様の伴走者」、マンガの神様手塚治虫という人物を、担当した編集者にインタビューすることにより浮かび上がらせています。
自伝ではなく資料により固めたドキュメントでもなく、生の声で手塚治虫が語られています。
「はじめての恋ではないけれど」、失恋がきっかけで見つけた本当の恋。
まあこういうこともあるでしょう。
「わが百味真髄」、買い出し命、料理命だった檀一雄。(笑)
その執念にはむしろ微笑ましさが漂います。
「世界ニホン誤博覧会」、外国にある変な日本語を集めた一冊。
軽く読めて笑えてひまつぶしには最適かと。

ということで今月の一冊ですが、読み終わって「これで決まりだな」というのはなかったですね。
読んでいる途中で「今月はこれがダントツだな」と思う作品に出会う場合もあるのですが。
でも今月はノンフィクションにいいのが多かったです。
「京都の中華」、「名人 志ん生、そして志ん朝」、「潜入ルポ ヤクザの修羅場」、「香港の食の物語」、「手塚番 神様の伴走者」、「わが百味真髄」。
その中でも「手塚番 神様の伴走者」ですかね。
手塚治虫という偉大な人物を編集者という立場で間近に見てきた人達の証言。
生き証人なんていうと大げさかもしれませんが、もう何年もすれば直接手塚治虫を知る人たちがいなくなってしまいます。
貴重なインタビュー集だと思います。
今月はこれで。

CIMG3566.JPG


posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください