2020年01月06日

「H(アッシュ)」姫野カオルコ

CIMG3573.JPG

10編収録の短編集です。
アパートの壁に穴を開け、隣の空室を覗き続ける男性。
その空室に女性が入居してきます。
セックスなどしそうもない清楚な雰囲気の女性です。
男は勝手に彼女を菜穂子と名付け、覗き続けます。
しかしそこに中年男がやって来て、嫌がる彼女を無理やり・・・・。(エンドレス・ラブ)
自分の店を持つことを夢見ている女性美容師のもとに客としてやって来る友人のミア。
主婦で子供もいて飲食店でパートをしているくせに肩書が『舞台人』な女。
白塗りしてわけのわからないのセリフと踊りを演じているだけの自己満足なショウをやっているだけの女。
そんなミアが大嫌い・・・・。(鞄の中の妖精)
などなど。
う~ん、なんといいますか、収録作すべてではありませんが、けっこうバカエロですね。(笑)
「正調・H物語」は平家物語のポルノ仕立てのパロディですし。
そのあたりのバカバカしさは森奈津子に似たものがあります。
まあ楽しめましたけど、なんだかあと一歩な感の作品集でした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『ひ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください