2020年01月08日

「評論家入門 清貧でもいいから物書きになりたい人に」小谷野敦

CIMG3574.JPG

世の中いろんな評論家がいますよね。
なにか事件があるとそれに見合ったジャンルの評論家がすかさずテレビに登場します。
戦争が起これば軍事評論家、飛行機事故があれば航空評論家とか。
他にもいろんな評論家がいます。
料理評論家、美術評論家、野球評論家、などなど。
さて、この本でいう評論家とは主に文藝に対しての評論家ですかね。
あとは社会学とか心理学とか、これも文藝評論の流れという感じで。
まあ評論家なんて自分で名乗ればとりあえずは今日からなれるんですけどね。
しかし世間に認められるにはある程度の実績がなければなりません。
やはりまずは著書でしょうか。
本を出しませんとね。
しかしこれがなかなか。
出したからといって売れるわけでなし。
というわけで、サブタイトルにもありますように「清貧でもいいから物書きになりたい人に」となるわけです。
著者の実体験を踏まえ、評論というものについていろんな角度から考察しておられるのですが、これらを飲み込んで、なおかつ評論家、物書きになりたいか。
たぶんそれでもなりたいという人はかなりの数いると思います。
貧乏でもいいから文章を書いてなんとか生計が立てられるのならそれでもいい、と。
でも現実はそんなに甘くないです。
生計を立てられるほどの収入を得ることさえ相当難しいです。
大学教授みたいに本職があって、サブの肩書でなんたら評論家ならいいですけどね。
まったくのフリーで評論家の看板をあげて生活するのはよほどの人でないと。
評論家じゃないですけど、人気作家の伊坂幸太郎氏
サラリーマンをしておられたのですが、小説1本でやっていこうと会社を辞めたとき担当の編集者から「なんで辞めたんですか」と心配されたそうです。
つまり小説を書いて食べていけるなんてほんの一握りの人だけなんですね。
あの伊坂幸太郎でさえ担当編集者は今後の生活(収入)を危惧したわけです。
ましてや評論家なんて。
それでも物書きになりたい人は、ぜひ本書をお読みください。(笑)
posted by たろちゃん at 03:46| Comment(0) | 『こ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください