2020年01月20日

「太陽がイッパイいっぱい」三羽省吾

CIMG3581.JPG

3流私立大学4回生のイズミは解体現場で働いています。
もともとのきっかけは当時付き合っていたフェラチオ上手な彼女がどうしても海外旅行に行くと言い出し、しょうがなくピザ屋のバイトを辞めて稼げる日雇いに出たのでした。
結局彼女とは別れたのですが、現場で汗を流し、仕事帰りに飲むビールの旨さが病みつきになり、フェラテクだけで付き合っていた彼女などどうでもよくなり、大学もほったらかしにして「マルショウ解体」の一員となります・・・・。
ナニワのガテン系小説ですね。
作者は実際に大学卒業後就職した会社を3年で辞め、肉体労働のバイトをしておられたそうです。
なので解体現場の描写が実にリアル。
作業はもちろん、体の節々の痛みまでも伝わってくるようです。
仕事の後ガード下の立ち飲み屋で仲間とウダウダしゃべりながら飲むなんてのも実感ありますね。
その仲間というのが巨漢でマッチョなカン、肉体労働者には見えないイケメンのクドウ、会社をリストラされたワケありのハカセなど、「マルショウ解体」のメンバー。
これらキャラクターたちが実にいい配分です。
特にカンは準主役。
この男が起こす騒動がこの物語のメインだったりします。
夜のミナミで暴れて走り回るシーンなど、毎日のようにこの界隈を徘徊している私にとっては光景が目に浮かびましたね。
喧嘩のシーンも迫力ありました。
女の子も登場しますし、「マルショウ解体」の経営状態の問題など、いろいろとエピソードも盛り込まれています。
いいエンターテイメント小説でした。
いつも書店で目にしていた本なのですが、なんだかタイトルが軽くて手を出さなかったんですよね。
なぜか手を伸ばし購入したのですが。
解説が北上次郎だったというのも多少影響あるかもしれません。
氏の好みはけっこう私と合いますもので。
読んでみて大正解でした。
ただひとつ難癖をつけるならば、男性器を“ちくわぶ”と例えた章。
大阪でそれはあり得ません。
ちくわぶに馴染みのない大阪人が例えに“ちくわぶ”を持ち出すことなど絶対にない。
食べたことも見たこともないという人がほとんどですから。
ここが目立ってリアリティを損ねていました。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください