2020年03月04日

「若冲」澤田瞳子

CIMG3605.JPG

京の錦高倉市場にある青物問屋枡源。
主の源左衛門は弟たちに商いを任せ、奥行きのある店の最も奥まった一室でひたすら絵を描いています。
店のことはほったらかし、娶った妻が姑たちにいびられていてもかばうこともせず、そのせいで妻のお三輪は蔵で首を吊って死にました。
そんなことがあってお三輪の弟である弁蔵は、枡源と源左衛門を激しく憎悪しています。
源左衛門はやがて店を隠居し伊藤若冲と名前を変え、独自の絵を生み出して人気の絵師となり境地を極めていきます。
ですが若冲の贋作が出回るようになります。
贋作を描く絵師の名は市川君圭。
その絵を見た若冲は戦慄します。
ここまで自分の絵に迫ろうとする者が他にいるはずがない。
君圭とは行方を晦ました弁蔵に間違いない。
贋作による弁蔵の若冲への復習が始まります・・・・。
なんとも奇抜で精緻、そして鮮やかな絵を描いた江戸時代中期の絵師、伊藤若冲の半生を書いた小説です。
この小説で著者は非常に大胆な脚色をしておられます。
歴史の資料には若冲が結婚していたという記録はありません。
この小説では若冲は絵に打ち込むあまり娶った妻をまったく顧みず、そのせいで妻が自害してしまったという設定になっています。
そんな妻に対しての償いが若冲の絵に対しての情念となっているんですね。
そして義弟で若冲の贋作を描き続ける市川君圭。
私はこの人の名前は知らなかったのですが、実在の人物だそうです。
しかし若冲と義兄弟であったわけではもちろんなく、また小説中のように若冲の贋作を描き続けたなどという事実もありません。
ですがこの小説では君圭のその執念が若冲を怯えさせ、また君圭を突き放して自分の作品をより一層の高みに持ち上げるためのモチベーションとなっています。
私個人としましては大胆な設定がエンターテイメントとして楽しめました。
ただ絵の素人だった弁蔵(君圭)が若冲の作品と見まがうほどの技術を数年で身につけたというのは、ちょっと走りすぎかなと思いました。
また、復讐するために贋作を描くという発想は私にはないなぁと。(笑)
普通はもっと違うことを考えるのでは。
で、市川君圭が伊藤若冲のストーカー贋作師だったという設定は、美術の専門家や愛好家にどう受け止められたのでしょう。
ちょっと気になります。(笑)
ラベル:時代小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください