2020年03月28日

「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」向谷匡史

CIMG3617.JPG

夜の銀座は成功者の街だといわれています。
実業家、政治家、芸能人、文化人、それぞれの世界で名を成した人たちが集まる世界です。
なにしろ高級店になりますと座っただけで4~5万円ですから。
一時期ほどではないにせよ、そのステイタスはいまも変わらないでしょう。
そんな銀座の一流店のホステスたちは、どのように客をもてなし、稼いでいるのか。
ホステスとしてどのような振る舞いがいいのか悪いのか。
裏を知る著者がノウハウを語ります・・・・。
まず銀座なんて街は大阪在住の私にとりましてまったく縁がありません。
大阪の北新地にさえ縁がないのですから。
当然、夜のクラブ活動なんてまったくもう。
地元の駅前さえ出かけるのも億劫な出不精です。(笑)
それはともかく、読み物としてはとても楽しめました。
ホステスの実態、う~ん、なるほど、客の相手して酒飲んで店での実働は4~5時間。
そりゃラクだわな、なんて思ってはいけません。
お気楽なサラリーマン、OLなど、及びもつかない苦労があります。
一流店のトップになりますと年収1億はあるようですが、しかしそんなのは一握り。
それでなくとも出費はひと月にサラリーマンの月収くらいはあるようですし。
私にはまったく縁のない世界なので、他人事のように(他人事ですが)楽しく読ませていただきました。
ちなみにネットでもそういう世界を取り上げた動画がいくつか紹介されています。
TVの取材で放映されたらしい六本木から銀座に進出したママの動画なんてのもありましたが、調べてみましたらどうやら撤退したようで。
オーナーとして銀座に店を出す、客として店に通う、どちらもステイタスですが、なかなか難しいようですね。
会社の経費も使えなくなりましたし、成金も減りましたし、そうなると店も維持できない。
若い連中もいまさらそういう場所を有り難がらなくなってきたというのもあるんじゃないでしょうか。
厳しい時代です。
でも私には縁がないながらも、こういう店はぜひ続いていただきたいと思います。
これもまた文化でしょう。
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください