2020年03月30日

3月の一冊

今月は14冊読みました。

・「グルメの食法」玉村豊男
・「若冲」澤田瞳子
・「化学探偵Mr.キュリー3」喜多喜久
・「“食の安全”はどこまで信用できるのか 現場から見た品質管理の真実」河岸宏和
・「本棚探偵 最後の挨拶」喜国雅彦
・「サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ」大崎梢
・「大衆食堂」野沢一馬
・「過剰な二人」林真理子 見城徹
・「好き好き大好き超愛してる。」舞城王太郎
・「切羽へ」井上荒野
・「知っておきたい 日本の名字 名字の歴史は日本の歴史」監修:森岡浩
・「巷の美食家」開高健
・「牛乳アンタッチャブル」戸梶圭太
・「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」向谷匡史

「グルメの食法」、各国料理についての解説、著者の見解が書かれています。
なるほどと思うことも多数。
「若冲」、江戸時代の絵師、伊藤若冲の半生。
作者なりの大胆な脚色で描かれています。
「化学探偵Mr.キュリー3」、化学を題材にしたミステリー短編集です。
内容的には可もなく不可もなくといったところ。
「“食の安全”はどこまで信用できるのか 現場から見た品質管理の真実」、現場をよく知る著者が業界の実態を明かして読者を啓蒙しておられます。
こういう類の本は頻繁に刊行されていますが、だからといって業界も消費者も大きく変わる気配はなく・・・・。
「本棚探偵 最後の挨拶」、シリーズ最終(?)となりました。
しかし著者のキクニさん、本業のマンガも面白いがエッセイもなかなか。
「サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ」、書店を舞台としたミステリー。
ミステリーとしてはちょっとどうかなという部分があるのですが、書店小説としては「書店ガール」よりもこちらのほうが先なんですよね。
「大衆食堂」、ファーストフードやファミリーレストラン、牛丼チェーンなどに押され、どんどん姿を消していく大衆食堂。
その魅力を伝える貴重な一冊です。
「過剰な二人」、個性も我もキツイ(笑)お二人の往復書簡的エッセイ。
作家の考え編集者の考えが共鳴します。
「好き好き大好き超愛してる。」、純愛の恋愛短編集(?)なんですかね。
読み終えてトータルでどう受け止めればいいのかよくわかりませんでした。
「切羽へ」、都会ではなく出来事がすぐに全体に伝わるような小さな島での話。
そんなシチュエーションでのちょっと危なく静かな男と女の機微。
「知っておきたい 日本の名字 名字の歴史は日本の歴史」、日本にはたくさんの名字がありますが、その由来はなんなのか。
誰もが考えたことのあるそんな疑問を解説した一冊です。
「巷の美食家」、美食家で大食家でもあった行動する作家の食エッセイ。
グルメを気取ったチャラい若造とは造詣が違います。
「牛乳アンタッチャブル」、雪印食中毒事件の対応を茶化した小説として途中までは面白く読んだんですけど。
でもそこから逸脱できなかったですね。
「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」、内容が本当かどうか私にはわかりませんが。
でも自分の知らない世界の裏事情を知る楽しさがありました。

それでは今月の一冊の決定を。
「若冲」は読んでいて結構手応えありました。
でもあとになって印象が薄れてきたのは若冲のキャラの弱さか、物語のピントの弱さか。
「切羽へ」は染み入るものがありましたが、強く推すに至らず。
ということで、単純に読み物として楽しめた「銀座バイブル ナンバーワンホステスはどこに目をつけるのか」を今月の一冊に選びたいと思います。

CIMG3617.JPG

ラベル:今月の一冊
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください