2020年04月17日

「ロマンス小説の七日間」三浦しをん

CIMG3627.JPG

海外のロマンス小説を翻訳するのが仕事のあかり。
堅物の父親と二人暮らしですが、近所に住む神名という彼氏と通い同棲しています。
現在は中世時代の騎士と女性領主の恋物語を翻訳中。
これがまた苦笑物の内容で。
なんだかなぁ、なんて思っていたら神名がいきなり会社を辞めたという。
いきつけの飲み屋の常連女子もなんだか神名を狙ってそう。
苛立つあかりの翻訳はどんどん原作とかけ離れ、勝手にストーリーをでっちあげてしまう展開に・・・・。
う~ん。
裏表紙のあらすじを読みますと「どんどん創作されるストーリー。現実は小説に、小説は現実に、二つの物語は互いに影響を及ぼし、やがてとんでもない展開に!」とあります。
これを読んで「ほほぅ、SF的実験的な内容か」と期待したのですが、そんなのではなかったですね。
裏表紙、大げさすぎます。
翻訳がもっととんでもない方向に行くのかと期待しましたし、現実がどれほどフィクションに侵されるのかと期待しました。
そういう期待をして読んでみたら、別にどってことない。
劇中劇のようにあかりが翻訳する小説が挟まれるのですが、原作から脱線してはいるものの、話自体はまともに進んでいきます。
現実のあかりの私生活もいろいろ問題が起こるのですが、しかしまあ常識内の展開で。
もっと飛び抜けた展開を勝手に想像したこちらが悪かった。
なんだかんだ、作者は試しにこの作中に出てくるような小説を書いてみたかったのかな、と。
あるいはあとがきにあるように、恋愛小説という依頼に対してこのような発想が浮かんだものの、でもこんなハーレクインロマンスのような小説を書くわけにはいかない。
いかないというか恥ずかしくて書けない。
ならこのように作中作として書けば照れも少なく、それを現実の主人公たちにもかぶせることができる。
そのように考えられたのかなと。
そんなことを思ったりもしましたが、たぶん的外れでしょう。(笑)
なんにせよ、期待外れでした。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください